最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

sukekiyoのLIVEレポ

sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

ハローしんぺー(@s_s_p_y )です。

オフィより詳しくて、wikiよりも有用なsukekiyo情報サイト
「Gadget Zombie Parasite(ガジェットゾンビィパラサイト)」へようこそ。



ついにIMMORTALISのツアーが終了しました。

リリースが4月30日、なんと半年もたっていないのですね。もう1年近くツアーをやってたんじゃないかっていう濃さです。

思えば、アルバム発売前に開催された鳳凰の間。何も解らず突っ立って、絞りだした歓声に「黙れ」の一言が、遠い昔のようです。sukekiyoのLIVEはかくあるべき、というのがいつの間にかできて、それがあたかもずっとそうであったかのような完成されたLIVEが繰り広げられました。

そのツアーもいよいよ本日で最終日。もう二度と今のこの空気感を味わうことはかなわないでしょう。

本日のステージは、東京キネマ倶楽部。鴬谷という怪しげな立地と内装の豪華さと裏腹のアングラ感をもった会場が、まさにsukekiyoのぴったりと言えます。

sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

会場につくと、いるわいるわ黒服の人たち。もはやLIVEというよりもサバト(魔女の集会)のようになっています。本日のLIVEは黒服+仮装がドレスコードということで、皆様凝った衣装を切られておりました。

sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

ぼくはというとこんな感じ
sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

今日の朝届いたガスマスクです。

さていよいよLIVEレポです。

LIVEレポ「雨上がりの優詩」-ハロウィン殺しの漆黒の儀-@東京キネマ倶楽部

メンバー衣装

開始はいつも通りベルが告げます。
SEに合わせて現れるメンバー。全員着物風の出で立ちです。
未架さん、YUCHI氏はオールバック。匠氏は羽織をはおっていました。UTAさんはちゃんと見えませんでした。なお、本日のぼくの立ち位置はドセンです。繰り返しますドセンの神整番です。ありがとうございます。

最後に現れた京。花魁です。これは恐らく京都公演寡黙の儀の時と酷似しています。ただ、今回お方がより花魁でした。
崩れた髪の毛(カツラ)、元の髪型は恐らく江戸時代の女性の髪型と言えばつたわると思います。(参考リンク)

さらに着物の下には、黒い細い紐が巻かれていました。ブラジャーかと思いました。
恐らく、これは縄で縛り上げられた跡を表現してるんじゃないかと想像しました。そこで後述しますがある仮説が浮かびました。

セトリ

1. aftermath
2. latour
3. nine melted fiction
4. the daemon's cutlery
5. 新曲
6. hidden one
7. zephyr
8. scars like velvet
9. hemimetabolism
10. 烏有の空
11. 304号室、舌と夜
12. vandal
13. 斑人間
14. 鵠
15. mama
16. 二人静(cover)
17. in all weathers
SE destrudo

注目すべきはmamaのあとの「二人静」
演奏前に、匠がMacの前におもむろに楽譜?をおいて演奏をしだしました。新曲だから覚えていないのかな?って思いました。さらにぼくは、お恥ずかしながらこの曲をしらなかったので完全に新曲かと思いました。ちなみにこの曲ですね。

あと、どうも京はsukekiyoでは女性的な部分を表現しているのか随所に喘ぎ声やら嫌らしい動き、ヨダレなどなどを盛り込んだいやらしく、艶かしい動きでした。

あと、どこかの曲。未架さんが和太鼓のようなドラミングをしておりました。それとin all weathersの最後の匠のキーボードが入る部分で、ワンテンポ匠の入りが遅れるといつも京がぴくっとします。今日もしてました。確か前回の鹿鳴館でもしていました。

しんぺーはこう思った。


さて、いくつか仮説を

未亡人=京

これは以前から思っていました。そもそもsukekiyoファンを未亡人と称するのにも違和感を覚える要因がこれです。

今回のIMMORTALISツアーである「別れを惜しむフリは貴方の為」「雨上がりの優詩」のテーマは、主人に先立たれた女性=未亡人というのがあると感じています。そして京都公演の寡黙の儀で京が女装して現れた時、確認しました。

京自身が未亡人であり、今回のツアーは先立った主人の葬式であり、だからこそ我々は参列者なのです。

そして「別れを惜しむフリは貴方の為」のファイナルである下北沢GARDENでは未亡人を葬り幕引きをしたのです。

sukekiyo2014ツアーファイナル「別れを惜しむフリは貴方の為-漆黒の儀-」@下北沢GARDEN | Gadget Zombie Parasite

やはり今日も同じことを思いました。そしてsukekiyoのバックドロップに使われるあの掛け軸5枚。あの女性のへそと京のへそがなんとなく同じ形に見えて。考えすぎかもしれないけど

ということで未亡人とは京の女体化なんだろうと思うのでした。

ハロウィン殺しというタイトルは、違うハロウィンパーティーを殺すっていう意味

今年もVAMPS主催のハロウィンパーティーが幕張で開催されます。
http://www.halloweenparty2014.com

しかも、明日から
ということで、このイベントを殺すぜっていうシャレなんじゃないかと思うのです。

そして、それに対抗するかのように我らが天使ヤモエルが本日もお出かけ前の美容室へ赴かれたようです。

これは気合い十分と言ったところでしょうか。

さてさて、実は今日はぼくの誕生日です。
生まれ落とされたこの日に、こんなすばらしいLIVEに参列できたことを嬉しく思います。

今まで自分がしてきた選択肢が全て正しかったと確信できるLIVEでした。

ただガスマスクは暑いし、臭いし、気持ち悪くて倒れるかと思いました。

次回のsukekiyoに備えてチャージ(貯金)をせねば。
さてsukekiyoも終わったことでし、次はARCHE•••の前に青春のおとしまえPIERROTがあります。今からピエラーモードに切り替えねば!

年はとってもまだまだ、死ぬまでやりたいことをやりつづけてやるぜ!!!

プレゼントはこちらからw


と言ったところで本日は以上になります。おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-sukekiyoのLIVEレポ
-

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5