最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

music

NoGodとかいうヴィジュアル系バンドってエレキテル連合のパクリだろ?

ハローしんぺー(@s_s_p_y )です。
オフィより詳しくて、wikiよりも有用なsukekiyo情報サイト
「Gadget Zombie Parasite(ガジェットゾンビィパラサイト)」へようこそ。

先日TSUTAYAでひっさしぶりにCDを数枚借りてきました。
それがどれもこれもくっそかっこいいのばっかでマジで脱帽しました。

借りてきたのはこれ。

cali≠gariの世界
Counteraction ―V-Rock covered Visual Anime songs Compilation―
シャングリラ
PANDORA
現実

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

久しぶりにすばらしい若手バンドに巡り会えた!!!

で、そんな中一番意外だったのがNoGodとかいうバンド
今まで存在は認識していたものの、ボーカルの人のギャグぽいメイクに食わず嫌いしてました。どうせギャグバンドかなんかなんだろ?とか思っていました。ってか最近流行のエレキテル連合かと思っていまいした。「ダメよダメダメ」ってやつ

本当にすいませんした!!!

アルバム冒頭から衝撃。「え?メタルですか?」
聞き進んで行くと、歌詞がめちゃくちゃいいい!!!なにゃこれ!!

この見た目との裏腹感!!聖飢魔Ⅱ以来の衝撃でした。

マジで演奏がくっそうまい、歌もうまい、歌詞もいい!

LIVEに行きたい!

2005年初頭「神の啓示を受けた団長が使徒を招集しうっかり結成」という設定で、ライブを「布教」、ファンを「信者」、曲を「教え」、差し入れを「お供え物」と呼ぶなど「新興宗教楽団」としての世界観を持っていた。

中略

ヴィジュアルの奇抜さゆえ色物的に捉えられがちであるが、メンバー各々のテクニックが非常に優れており、ヴィジュアル系バンド界でトップクラスであるといっても過言ではない。

引用元:wikipedia

団長という人

なんていうか、この人すっごいわかってるわー
しかもそれを敢えて言っちゃうっていうねwなんかキリトを彷彿とさせる。

人より目立ちたいがために化粧を始めたのが「ヴィジュアル系」だったはずなのに、人と同じような化粧をすることが目的になった時点で、このジャンルの精神は死んでるんです。

引用元:【V系】ヴィジュアル系はもう「終わり」?「2012年のV系を振り返る」第3回(ゲスト:NoGoD 団長)

自分がバンドを始めるような年齢になった時、当時通っていた専門学校の近くに有名なヴィジュアル系のライブハウスがあったんで行ってみたんです。そしたら、みんな同じような格好をして、同じような曲をやってる。「5バンドのイベントなのにこいつら全部一緒じゃねーか!」と、それですごく偏見を持つようになったんですね。

この人、本当の意味でロックだな。
なんかぼくが昔キリトを崇め奉った要因をもしかして持ってらっしゃるのかも•••

NoGodは物真似バンドです。

たまったま一緒にかりた若手バンドのカバーアルバムにNoGodも参加していました。知らずに聞いていたらなぜかTMレボリューションが入ってました。

で、ふとiPhoneを見ると

まじか•••
気になってさらにiTunesでNoGodで検索。そしたらシャムシェイドの1/3の純情な感情もカバーしてて、聞いたら、まんまシャムシェイドでした。

それがボーカルだけじゃないんですよ。演奏もなんですよねえさん。

マジ完コピも良いところです。
まじコルトピのギャラリーフェイクかハタケカカシかと思いました。

しんぺーはこう思った。

久々に良いバンドと巡りあった!これはヤバい!年明けにDIR EN GREYが落ち着いた頃にLIVE行きたいわ。それまでに全曲聞いておかなきゃなこれw

もしかして、割とぼくよりも年上の人も多そうな気もするわこのバンドw
だって、なんつーか若者好みじゃないでしょwこれwww

久しぶりにダークではなく、かといって軽くない、芯の通った音楽だった!

NoGodマジ注目したい。
と言ったところで本日は以上になります。おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-music
-

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5