最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2021/9/5

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR21「DESPERATE」-a knot only-2021/09/04@CLUB CITTA’

生きているのを思い出した。 6月の疎外以来の久しぶりのライブでした。会場周辺も色々様変わりしてい、あったものがなくなってたり、新しく出来ているものなんかもあったり。 またチケットシステムも今までと違うものが導入されたりしてて、混乱も起きていたみたいです。 ということで本日はライブレポです。 目次1 ライブレポ1.1 メンバー衣装1.2 セトリ1.3 感想2 罪深きチケットタウン3 しんぺーはこう思った。 ライブレポ 指定席で座席あり、隣との距離は離れておらず普通に詰めて座る感じ。入場時の確認票はいつも通り ...

ReadMore

no image

2021/6/6

【ライブレポ】DIR EN GREY「疎外」2021/6/5@東京ガーデンシアター

DIR EN GREYのライブに参戦したのはどうやら18ヶ月ぶりくらいっぽいです。 前回が2019年11月20日の「This Way to Self-Destruction」のツアーファイナル(新木場スタジオコースト)で、そこからはライブが開催されていなかったので、爆音上映会やオンラインのライブを除いては実に長い間ライブがない状態でした。 目次1 ライブレポ2 セットリスト3 TOUR21 DESPERATE4 しんぺーはこう思った。 ライブレポ というか感想、というか思いの丈です。 結論を先に書くと や ...

ReadMore

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2021/7/17

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKT Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

music

コロナは音楽を殺したか?音楽業界の売上減少調べてみた

ライブ、コンサートの中止延期が相次いで久しく。昔のように大勢で集まり、歌い叫び声をあげ、気がつけばアザができて、それでいて終わったあとの虚脱感と爽快感の中に明日を生きる糧を見いだす。

そんなライブはもう二度と出来ないんじゃないのか?

今までライブに参戦していた人には、どこかそんな想いが少なからずあるのではないでしょうか。
ぼくもその1人です。

今回は、コロナ禍で音楽業界がどれほどの状況になったのかを、色々と調べましたので紹介したいと思います。

音楽業界のこれまで

CDが売れなくなったということは、もはや常識でしょう。

こちらがCD・音楽配信の売上推移です。

CD売上のみ1
CD売上のみ2

引用元:一般社団法人日本レコード協会

そして、それまではCDの販売促進活動という位置付けだったコンサートが、その売上減少にとって代わるように売上を伸ばしていったのが2020年までです。

2017〜2019年くらいまでは、オリンピックを目前に老朽化による取り壊しや、建て替えなどがあり公演数は横ばい、もしくは微増していました。

そして、20年間の積み上げが消えた

しかし、ご存知の通り新型コロナウィルス感染拡大により緊急事態宣言が発令され、大勢の人間が集まるコンサートなどは多くが中止となりました。その後も、厳しいガイドラインが決められ、公演数も20年前のそれとほぼ同じくらいとなってしまったようです。

緊急事態宣言以降、小さなライブハウスでのクラスター発生などにより、コンサートやライブの印象は一気に悪いものとなりました。

それにより、多くの興行が延期や中止となりました。また、キャパシティの半分などの厳しいガイドラインも設定され、会場もアーティストもコンサートに付随する業界は苦境に立たされています。

落ち込みの数字はこの20年間成長し続けてきたコンサート市場の売上を消失させるほどでした。

ライブ史上動向2
ライブ史上動向3
ライブ史上動向1

引用元:一般社団法人コンサートプロモーターズ協会

オンラインコンサート市場の台頭

コンサートが出来ないなら、ということでオンラインコンサートや無観客ライブを配信するという動きが広がりました。

市場規模も一気に広がり、オンラインコンサートの設備やサービスを提供する企業も増えてきました。

オンラインライブ動向

引用元:ぴあ

今後オンラインコンサートが主流になるかはわかりませんが、一定の成長は見込めるのではないでしょうか?リアルライブが今までと同じように開催できるのか、そして一度変容した人間が、今までと同じライブを許容できるのか?

それはまだわかりません。

サブスクの普及

コンサートによる売上が消滅する一方で、好調なものもあるようです。

それが音楽配信、いわゆるサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションの普及により、身近に手軽に音楽に触れることができるようになり、今では一般的な視聴スタイルとなりました。

売上推移はこちら

配信サービス
配信サービス

引用元:一般社団法人日本レコード協会

音楽は不要不急なのか?

緊急事態宣言発出当初、コンサートは不要不急と言われました。
不要不急とは?

それに対し、SEXX GEORGE氏が言っていました。

音楽は断じて余暇なんかでは無い
人間に最も必要なもののひとつだ
世界にひとりになってしまった時、鼻唄も歌わない奴
なんか絶対に存在しない
お祭りにしてもそうだ
人間の有史以前から打楽器による音楽は存在していた
音楽ってのはそれだけ大切なもの
人間に隣にいつも居る存在
無くても生きていける…なんてそんな適当に扱うよう
なモノなんかじゃない

原文ママ

個人的にコロナ禍になってから最も印象に残っている言葉です。

音楽は人間の本能。

だから人は音楽を止められない。

サブスクでの視聴がアーティストの支援になる

とは言え、音楽ビジネスの中心であったコンサート収益が消失したことは事実ですし、それに変わる売上がなければ今までの形態での活動は難しく、業界全体の維持は不可能と言えるでしょう。

コンサートがなければアーティストや会場はもちろん、グッズ制作をしていた会社やコンサートを作り上げていた会社なども打撃を受けています。

そう言ったコンサート関連企業含めて支援するにはどうしたらいいのか?我々リスナーに出来ることはなんなのか?

それは、アーティストを支援することが手っ取り早いのではないかと考えています。
そして、毎日できて最も簡単なことが1つあります。

それはサブスクリプションサービスで楽曲を視聴することです。

Spotify、Apple Music、YouTube Music、Amazon music、LINE music

さまざまなサービスがありますが、サブスクで音楽を聴くことでアーティスト側に収益が発生します。そして、最もアーティストへの還元が高いと言われるのがApple Musicです。

Apple Music:0.0059ポンド(約0.89円)
Spotify:0.002〜0.0038ポンド(約0.30〜0.58円)
YouTube:0.00052ポンド(約0.079円)

参考:BBC News

CDで購入してスマホに入れている楽曲とサブスクで配信されている楽曲が同一なのであれば、サブスクで意識的に視聴してみてはいかがでしょうか。

しんぺーはこう思った。

記事のタイトルへの自分の回答がまだでした。

コロナは音楽を殺したか?

答えは否です。

殺せるわけがないし、殺させない。

音楽はいつも心の中に響いていると、ぼくはそう思っています。
一度でもライブに参戦したことがある人なら、ライブのあの光景を思い出すことは容易だろうと思います。

DIR EN GREYがKT Zepp Yokohamaにて行なった無観客ライブ「The World You Live In」
いるはずのないオーディエンスの声が、明らかに聞こえた。

音楽とは、CDにパッケージされた楽曲だけを指すものではない。
それをとりまく全ての体験こそが音楽だと信じています。

その"音楽"が再び鳴り出す日が、1日も早く来ることを切に願っています。

と言ったところで本日は以上です。
おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-music
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5