私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ライブレポ・ガジェットとかのブログです。

contents

【解説】HUNTER×HUNTER王位継承戦をわかりやすくまとめてみた

更新日:

休載と再開を繰り返し、再開のたびにニュースになる漫画「HUNTER×HUNTER」

そのサイクルに嫌気がさして読むことを辞めた人もすくなくないでしょう。しかし、ぼくのように調教されたファンにとってはもはや休載など物ともせず、続き読めることに感謝しか感じないわけである。

が、しかし!しかしだ。そんな信者にも近い熱心なファンを以ってしても単行本33、34巻あたりから始まった王位継承戦については、理解が追いつかない人が多いのではないだろうか。

そんな方のため、あるいは読むのを諦めた人や何となく読んでいる人のために、わかりやすくまとめてみました!
なお、今回は王位継承戦に絞って解説します。

スポンサーリンク

HUNTER×HUNTER王位継承戦とは

今までの世界は小さな世界で、その外さらに大きな世界があり、そこに船で向かっている最中です。

そして、この船の上であらゆる抗争や思惑が錯綜しているのが今回のお話です。大きく分けて3つ。

  • ホイコーロ王国王位継承戦
  • ホイコーロ王国三大マフィアの抗争
  • 幻影旅団ヒソカの抗争

これに緋の眼奪還を目指すクラピカが中心となって物語が進みます。

わかりにくくしている原因

* 登場人物が多すぎる
* 関係か複雑すぎる
* 念が難しい

登場人物が多すぎる

登場人物がかなり多いです。王子14名、王妃8名、王子私設兵約100名、王妃所属兵、従事者約40名、ハンター協会員、クラピカの仲間たち

マフィアや旅団、十二支んもふくめると200名以上になるんじゃないでしょうか。

この時店で辟易する人もいるはず。ただし、わかりにくいポイントはこれだけではありません。

関係が複雑すぎる

上位王子にはそれぞれ私設兵がいます。しかし、第1王子の私設兵が国防軍として派遣されます。加えてそれ以外の下位王妃所属兵士が、監視として自分よりも下位の王妃にそれぞれ派遣されています。

またハンター協会員とクラピカの仲間ハンターがいます。

さらにクラピカは上位王子2名と和平協定を結んだり相互協力関係を結んだり、場の均衡を保つために念の講習を始めたりします。そしてそこに刺客がきたりとか

幾重にも伏線が張り巡らされているのです。

念が難しい

今回は特に念が難しい。今での単純な念応力バトルとは違い、術数権謀張り巡らされた智力バトルになっています。

王子には守護霊獣なる念獣が本人に見えずに憑依していて、さらに中には自らも念を使う者もいます。

第1王子所属兵はみな念能力者で、それぞれ特徴的な能力を有しており、さらに死んでもその力は王子が引き継げるようになっています。

第4王子の念応力なんて時間を操るような描写までされており、理解がもう追いつきません。

要点だけ押さえれば簡単

と、まあここまで見てみてもかなり複雑なんですが要点を押さえて読めば理解も捗るはずです。

まず大まかな前提は次の通り。

•14人の王子たちは継承戦として最後の1人になるまでバトルロイヤルをしている。

•第4王子ツェリードニヒが最後の緋の眼を所有しており、クラピカはこれの奪還を目指す。

•クラピカは、他の王子の刺客から第14王子ワブルの護衛をし、そのために抑止力として念の講習をしている。

次に、以下3点を把握していれば物語の理解ができるはずです。

* 登場人物相関解説
* ストーリーはクラピカの部屋を中心
* 王子の念能力を大雑把に理解

それでは3点について箇条書きでまとめます。

登場人物相関解説

* 新大陸に向かってハンター協会の十二支んとカキン王国の王族たち、乗船客20万人で航行中。
* 船の中でカキン王国の王位継承戦が始まる。
* 王位継承戦に参加している王子は14人。それぞれ守護霊獣がついていて、死ぬ以外で離脱が許されていない。
* 王子は8人の王妃から生まれた兄弟。
* 第2王妃ドゥアズルの子が4人で1番多く、それ以外は1人か2人しか子がいない。第1王子ベンジャミンと第4王子ツェリードニヒは同じ王妃から生まれていて本当の兄弟なので仲が悪い。軍人の第1王子と念の天才第4王子、肌の色が違う第3王子チョウライを押さえておけばよい。
* 上位の王子は金を持っているので私設兵を持っており、さらに第1王子ベンジャミンは国防軍要職のため私設兵は実質国防軍としても機能している。だから各部屋に1人ずつ私設兵を配属させられた。
* 下位王子は私設兵がいないので、王妃付きの王室警護兵が割り当てられるか、ハンター協会員から公募。クラピカはこれに応募した。クラピカ関係者以外の協会員はほぼパリストン関係者。

クラピカの状況

* 敵の攻撃によりクラピカが護衛するワブル王子の護衛はクラピカとビルの2名になった。しかしながら上位王子の2人と協定を結び護衛を増員してもらう。
* クラピカは他の王子の護衛に念能力を指南し、抑止力とするとこで場の硬直を狙う。
* 各王子から派遣された人に念を教えるも、刺客が1名いて誰かはわからない状態。

王子の念能力

* 第1王子ベンジャミンはおそらく特質系能力者。「星を継ぐもの」という死んだ私設兵の能力を引き継げる。
* 第2王子カミーラはおそらく具現化系。能力は「100万回行きた猫(ネコノナマエ)」という自分を殺した相手を殺し、そのオーラを持って生き返ることができる念獣。死後の念のため蘇生という強力な能力だが、おそらく相手を殺すというのが条件のためリスクは高いと思われる。
* 第3王子は念応力にまだ目覚めていない。守護霊獣は謎のコインを発行
* 第4王子は念の修行中。特質系能力者で念獣を生み出し、未来予知能力を開眼。絶状態で7秒先の未来を一瞬で見ることができる。そこで見た未来は本人の行動以外は変更不可。絶状態を続けると7秒から先も予知できるが、その場合は一瞬ではなく通常の時間の流れになる。ただし7秒先の未来。※あまりに強すぎるためこれは操作系能力で操れる人間も単独、もしくは念獣の視覚範囲内なのではと予想。
* 第5王子は念能力なし、第6王子もなし、第7、8なし
* 第9王子は能力なしだが、念獣により目覚める。私設兵の命と引き換えに防御不可の矢を放つ。当たったものを操作できる。対象が死ぬと元に戻る?なお能力が弩なのは国際競技銀メダルのアーチェリー選手のため
* 第10王子は「二人セゾン(キミガイナイ)」でどちらかが死ぬと、その姿となって生きている方が死ぬまで守る。
* 第11王子は空間移動型で行きは自分で開けられるが、帰りの扉は姉しか開けられない。
* 第12王子は操作系の念獣。ワブル付きの協会員を殺させたのはこの念獣。
* 第13王子は空間隔離能力と思われる。ノブさんの4次元マンションの様な能力。
* 第14王子不明

なお、下層階にて幻影旅団とヒソカの戦いが、カキン三代マフィアの抗争と混ざりつつあり、こちらも別軸で複雑化しそう。

まとめ

押さえておくべき王子は3人
軍人の第1王子ベンジャミン
念の天才第4王子ツェリードニヒ
肌の色が違う第3王子チョウライ

現状は
クラピカは念を抑止力とするために、みんなに講習している。が、資格が1人混ざっていてだれかわからない。

こんな感じです。

今後の展開

これで少しは理解が深まったのでは思ったいます。身近な人にこれ読んでもらったら理解しやすくなったと言われたので少しはたすけになりうるかなとおもいます。

さて、今後の展開ですがおそらくさらに複雑化するでしょう(笑)

念の講習を受けた人たちの念能力開眼、さらに追加で念を使えるようになるものも現れるでしょう。

また、王子の守護霊獣の詳細もどんどん判明していくでしょう。

次の連載が楽しみです。

しんぺーはこう思った。

これは大まかな理解のための記事です。

次はもっと細かいマニア向けの記事を計画しています。

そちらもご期待ください。

と言ったところで本日は以上になります。
おやすみなさい。

created by Rinker
¥475 (2019/08/20 18:45:39時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-contents
-

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.