最近のDIR EN GREYのライブレポ

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

アニメ

最近「東京喰種(トーキョーグール)」「デュラララ!!×2承」がものすんごく面白くて土日で全部見た。

どっちも1期は少し前のアニメですが、最近このアニメにはまっております。デュラララの方は1期を見てて、続編を今見てる最中。東京喰種の方は、名前知ってたけど昨日から見初めてから一気に1期を見終わり、今はリアルタイムで放送中の2期を見ています。これだどっちもおもしれーーーんだ!!ということで今更ですがご紹介します。

デュラララ!!×2承

あらすじ!

デュラララとは池袋を舞台に繰り広げられる少年たちが繰り広げる非日常群像劇である。

主人公の竜ヶ峰帝人は気弱な少年。幼なじみの紀田正臣に誘われ、田舎から池袋の高校に入学するために上京するところから始まる。

そして池袋で過ごす日常の中、色々な人たちと関わり、やがて都市伝説の「首なしライダー」を中心としたカラーギャングの抗争や辻斬り事件に巻き込まれていく。

ここが面白い!!

なんといっても池袋という現実に存在する街が舞台なところ!街もリアルに忠実に描かれていて、行ったことある人ならどの辺かがすぐに分かったりする楽しさがあります。

そして登場人物がどれも際立っていて個性豊か!かならず一人は好きなキャラがいるはず!!

少年の日常を写すだけのノホホンとしたアニメかと思いきや、首なしライダーや妖刀の化身なんかも出てきたります。それでも、舞台が池袋であるということを思い出して、その現実感のアンマッチさが独特の雰囲気を醸しています。そこが魅力とも言えます。

途中までは本当にゆーっくり時間が流れてるんだけど、物語中盤あたりから一気に畳み掛けるように展開がスピードアップ。そのまま終幕に向けて盛り上がっていく。その疾走感がたまらなくいい。今回はネタバレ書かないけど、凄い楽しいのでおすすめです。

そして、その2期とも言えるのがデュラララ!!×2承です。物語は1期から少し時間がたった池袋を描いています。

これまた1期同様、登場人物の背景をまずだしてからの急展開。ゆっくりと1話ずつキャラクターの日常が語られていました。

そして今は事件がこれからまさに起きようとしているところです!!

これからおわりまで、楽しみだん!

デュラララ!!×2 承 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
by カエレバ

 

東京喰種(トーキョーグール)

これ名前だけ知ってたんですが、ずっと見ていませんでした。漫画で第1話だけ読んだかも。
なんかありがちな感じでした。DIR EN GREYのボーカル京が確か読んでるってなんかのアンケートで言ってた気がしなくもない。

あらすじ!

この世界には、人間しか食べられない喰種(グール)という怪物がいて、人々は怯えながらも普通に暮らしていた。
そんな中主人公はいきつけの喫茶店で女性と知り合い、デートすることになる。しかし、その女性こそがグールであり、主人公は殺される寸前まで追い込まれる。
とどめをさされる直前に建設途中の建物が崩れ、グールは下敷きとなり、少年は病院に搬送される。

グールは見た目は人間と同じため、主人公を救おうとした医師の独断で、一緒に担ぎ込まれた女性の内臓は助かる見込みがある主人公に移植さることになった。

こうして、半分人間、半分グールになってしまったのが、この物語の主人公カネキ・ケンである。

彼は、人とグールの間で揺れ動きながら、やがてその運命を受け入れ、自分の使命に気がつくのであった。。

ここが面白い!!

2つの種族、2つの立場の対立構造が描かれています。当然、同じ疑問を抱きながら、それぞれの利害や思いに則って自らなすことが正義だとして抗争を繰り返します。
そう、使い古されたテーマです。

さらに、主人公を取り巻くキャラクターもどこかで見たことのあるようなのばかり。
ツンデレでくらい過去を背負ったヒロイン、主人公や仲間を暖かく見守る老人、無口で強い頼れる兄貴分、主人公を殺す寸前まで追い込むイカれた何考えてるかわからないやつとか
人間側のキャラクターもそう。グールに仲間を殺さ、グールを駆逐することを目的に戦闘に参加するもの。疑問をもつもの。

そう、つまりこのアニメは古典に則って作られているのです。主人公の思いもきっとどこかのアニメで散々見てきた苦悩です。

でも、だからこそ安心して見られる。

そして、1期の最後が少し今までの古典と違っているところです。 守破離がしっかりしていて、次の展開が楽しみです。今は第2期を見ております。

ここが気になる!!!

グールとはなんなのか?グールはどうやって生まれたのか?この編の前提が全く描かれていません。
描かないことになんらかの意図があるのかもしれませんが。

さらに、こんだけ人を食べる怪物がいるにもかかわらず、人間側が普通に生活しすぎ。
それだけ治安を守る組織がしっかりしているのかというとそうでもない。結構ザルで、事後の捜査ばかり。。。

これでいいのか??

東京喰種トーキョーグール リマスター版 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
by カエレバ

 

しんぺーはこう思った。

とりあえず、今放送中にどちらもおいつきました!
どちらも展開がスリリングで楽しみです。

そしてネタバレは書かないつもりですが、グールの方は髪の毛が白いってイメージだったのに主人公がずっと黒髪でなんで??と思っていました。
そしたら最終話で白くなりました。まどマギか!

といったところで、本日は以上です。おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-アニメ
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5