最近のDIR EN GREYのライブレポ

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

でんぱ組

「でんぱ組.inc」の「W.W.D」って曲がすげーいい!バンギャにこそおすすめしたい!

でんぱ組知ってますか?名前を聞いたかとはあると思います。

確か渋谷のタワレコにDIR EN GREYの「The Unravelling」を買いに行った時に等身大パネルが置いてあったと思います。

本日はこのバンドじゃなくてアイドルグループを聞いてみたらめちゃくちゃよかったのでご紹介します。

ハローしんぺー(@s_s_p_y )です。
オフィより詳しくて、wikiよりも有用なsukekiyo情報サイト
「Gadget Zombie Parasite(ガジェットゾンビィパラサイト)」へようこそ。

でんぱ組incとは

 

ホームグラウンドは、結成の場所でもあり、メンバーがかつて店員として勤務していた東京・秋葉原のライブ&バー「秋葉原ディアステージ」。一般的なオーディションを通過して集められた様な女性アイドルグループではなく、自主的に活動していたアイドルが寄り集まってグループが形成されている。また、全メンバーが生粋のヲタク(オタク)的要素を持ち合わせており、それぞれにヲタクジャンルが設けられている。全員の年齢や本名が不詳な点も特徴。

引用元: wikipedia

オタク系アイドルグループらしいです。メンバーそれぞれが何かのオタクで、アキバ系です。

こんな風に聞くと何その設定とか思うかもしれないけど、リアルにそれぞれコスプレイヤーやら踊り子やらゲーマーやらメイドやら元美大生←やらでリアルっぽいです。

さらに、それぞれに引きこもりやらいじめられっ子やらというオタクにありがちなバックグランドを持っています。

「W.W.D」って曲がめちゃくちゃいい!!ビジュアル系っぽい曲だと思う

泣きそうになる。

この曲をとりあえず聴いてくれ。

曲調。息を吐かせないテンポ。
言葉選びや歌詞の言い回し

そして何よりもネガティヴなポイントを胸張って歌ってることと
歌自身が自分たちに向かっての歌を歌ってるってこと

可愛くないし歌下手だし、だいたい生主のキチガイ引きこもりクソサブカル美大生アニオタとかで本来なら日の当たる場所とかコミニュティ外で生きていけないような奴ら

にもかかわらず、「でも」「だからこそ」というカウンターパートとして存在してる。ただの地下アイドルならこんなバックグランドは必要ない。にもかかわらずそこを武器にしてるってことは、歌詞にもある通り天下目指してるからだと思う。そして最初から日本市場ではなく世界市場にスケールしてる点がすごい。

KPOP のマネみたいなクソアイドル集団なんかじゃなくて、これが21世紀のジャパニーズカルチャーだ!っていう売り方してる。これがいわゆるkawaii

カラフルな色使い
秋葉原に根ざしたオタク文化
何を言ってるかわからない単語をつなげてメロディーにのせる曲調
早いテンポ

これが今のジャパニーズカルチャーだと思う

クールジャパンなんて言われた時代は終わって、ジャパン文化を輸入してみたものの結局はサブカルを輸入したからメジャーにならなかった
けど、そのサブカルがでかくなってきて、日本のサブカルがサブカルのままメジャーになったってのが今のカワイイ文化だと思う。
オタク文化への拒絶を内包したまま容認と許容が拡大するのは、日本でも同じ

そしてサブカルな上にカウンターパートっていう圧倒的に不利でキャッチーな存在それがでんぱ組だと思います。

その存在自体がカウンターパートだから、他と比較すらできない。AKBに比べて〜とか
ももクロと違って〜とか全ての比較が意味をなさない。なぜなら最初から「マイナスのスタート」だから

本当にこの、「だからこそ」って部分が全魅力だと思う。

確かその昔、市川哲史さんが『私が「ビジュアル系」だった頃。』で言ってた。

ビジュアル系って、自己否定とかコンプレックスとかっていう本来なら声を潜めて隠すようなネガティブな部分を声高に美化して喧伝する極めてポジティブな行為とかって。

曲の話に戻るけど、すげー合いの手が入れやすい曲調だし!!
曲も精神性もビジュアル系に共通してるってばよ!!

バンギャとの共通性

だって、ビジュアル系好きな人なんてみんなそうだと思うんすよ

少なくともぼくはそう。

生きる場所なんて、どこにも無かったんだ

ドン底も経験してんだ

って感じで多少なりとも自分を自分で虐げてきたでしょ?

それでも、今ここに生きてるってことは、自分がしてきた選択の結果で

いつか選んだ点と点が一つの線になった結果で

そんな今だからこそ

”あの日泣いてた自分自身に感謝”

できるし

捨てるものなんかない何もないと思う

マイナスからのスタートなめんな

で、最後にこういう歌詞あるけど
うちらのスタイルで勝ち取るよ天下

これってつまりは、もう天下とってるんだと思う。

売上が〜とか動員が〜とかじゃなくて、誰かを魅せた時点で、絶対評価としてナンバーワンになれてるわけだし

少なくともぼくは心打たれました。

しんぺーはこう思った。

てな具合でめちゃくちゃいいんだよね、このグループ

アイドルでファンは男ばっかだと思うけどぜひバンギャにもおすすめなんじゃねーかと思ったわけです。

すごいいいです。

話によるとBisってもう解散しちゃったグループもいいらしいんでちょっとそっちもチェックしてみようと思います。

と言ったところで本日は以上になります。おやすみなさい。

 

2,000円
(2014.11.29時点)

App Store

posted with ポチレバ

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-でんぱ組
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5