最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

sukekiyo

二大宗教戦争完全集結宣言。sukekiyo 1stアルバム「IMMORTALIS」発売決定、豪華過ぎるゲストアーティストたち。

Sukekiyo immortalis

ハロー。しんぺー(@ssp_y )です。
ぼくは今、興奮しています!!!

ついにsukekiyoの1stアルバムが発売決定!!

そしてそのゲストがマジですげー!!

sukekiyo 1stアルバムはバージョン違いの3つ!

まずは販売内容の詳細です。

  1. 初回生産限定/通常盤
  2. 京公式オンラインストア限定初回仕様限定盤
  3. 京公式オンラインストア限定初回生産盤

初回生産限定盤/通常盤

これは店頭販売でしょうか?
初回生産は3,800円•••、うむ、良心的な値段。
が•••しかし!!
初回生産限定盤のゲストが、ゲストがー!!こんなんで、こんなに安くていーんすか!?

SUGIZO(LUNA SEA / X JAPAN)、HISASHI(GLAY)、人時(黒夢)、石井秀仁(cali≠gari)、TK(凛として時雨)を始めとする名立たるアーティストとのリミックスを含むコラボレーション楽曲が収録され、DIR EN GREYデビュー当時、圧倒的人気を誇りライバル的な存在だったPIERROTのキリト(Angelo)とのフィーチャリングも実現。

引用: http://sukekiyo-official.jp/sp/

ついに、ぼくのカリスマであるキリトと京が、夢のコラボ!
今までつらいことや死にたいことなんて山ほどあったけど、生きていてよかった。虜でよかった。ラーでよかった。
後述します。

京公式オンラインストア限定初回仕様限定盤

10,000円!た、高くないっすか•••
DVDとブックレット付きとTシャツ付き

2014/3/10(mon)~2014/3/31(mon)の間に、京オンラインで受付

http://www.e-fanclub.com/PenyunneZemeckis/webshop/i/ishop/directm_cat.asp?bun=3

京公式オンラインストア限定初回生産盤

オンラインストア初回仕様限定盤との違いはTシャツです。

どうしよ、sukekiyoTシャツの売れ残りだったら•••

二大宗教戦争完全集結宣言

むかーしむかしのことじゃった•••

ビジュアル系と呼ばれるバンドが隆盛し、栄華を極め、そして衰退の兆しを見せ出した90年代後半から2000年前半にかけて二つの宗教(バンド)の信者(ファン)間の抗争が勃発した。

これが世に言う、アルマゲドンである。

元暴走族で、工場勤務から成り上がったヘビメタ疑惑のあるヤンキーを唯一神とするピエラーと、インディーズながら当時のオリコンにランクインし、なおかつ日本武道館公演まで行い、Yoshikiプロデュースでさらにデビューシングル3枚同時発売しちゃうDIR EN GREYのファンである虜との確執がいつからあったのかは定かではない。

いつからか歪み、憎しみあい、抗争へと発展していったのだ。

安ピン事件

トンカチ事件

神宮橋での小競り合い

誠が嘘か、そんな紛争がいくつも起こったという。

しかし、唯一神キリトの集結宣言に宗教戦争に終幕が引かれたのである。

唯一神の宣言に対し、ラーは各会場やメッカ(橋)でのマナーを改め、自主的にゴミ拾いを行うものなども現れた。

やがて宗教性の違いにより分裂したPIERROTについては、アンサイクロペディアにある通りである。

そして、時は流れ、本日

sukekiyo1stアルバム「IMMORTALIS」の初回限定生産盤のゲストアーティストにキリトの名が連ねられることで、この宗教戦争は最終決着を迎えたのであった。
この事件は、さらには当時の二大カリスマの大連合であり、絶望を経験した者たちへの救いを意味するのであった•••

ちなみに話がそれましたがアルバムには『あの』アーティストも参加!

Sukekiyo takeda

来たか•••あのアーティストが•••

SHINJI TAKEDAが•••

(2020/09/27追記:読み返してみてネタなのに、ネタと明記していないので追記します。
sukekiyoの初舞台であったSUGIZOのライブに出てた武田信治に圧倒的な違和感を抱いたので、ネタとしてここに書いたんだと思います。わかりにくい)

しんぺーはこう思った。

もう先に書いちゃいましたが。

ぼくは、最初PIERROTを聴いて目覚めました。
ぼくが生まれて初めて、何のバイアスもかからずにした選択だったと思います。

そして、それを好きになることで、浮き彫りになる他者との違い。
それを個性と呼んで享受できるほど、ぼくはこの世界になじんでいませんでした。

許容されざるものとして、ぼくはぼくを意味付けました。

その世界で唯一肯定してくれる存在がPIERRTでした。
キリトでした。

今でも一番好きな曲はPIERROTの「Birthday」です。

PIERROTの魅力。それは単なる救済ではない所です。

結局は人は自分の力で歩いていかなければ行けない事を説いています。
そして、それはDIR EN GREYにも共通する部分があると思います。

それを端的に感じさせてくれる曲が「鼓動」です。

「声殺して目を塞いで闇に溺れて彷徨って」

そして、それでも朝は来る。誰にでも平等に•••
決してそれは希望や光という意味ではない

こんなにも苦しんでいるのに、また日は繰り返す、皮肉にも。

「晴れ晴れしい朝よ、皮肉におはよう」

「おはよう」

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-sukekiyo
-

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5