最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

ブログ、雑記

好きなバンドが突然解散を発表してしまったファンに伝えたいこと

昨日2つのバンドが解散を発表しました。

SCREWとギルガメッシュ

ぼくはギルガメッシュに関しては、一時期熱心に聞いていましたし、ワールドツアーからの地元での凱旋LIVEにも行ったことがあります。とても楽しいLIVEでムックの逹瑯とミヤが来ていました。

ワールドツアー前の自分たちとツアー後の成長したバンド感を表現するLIVEでした。さらにお世話になった人たちへの感謝のテロップ。その最後に出てきたメンバー行きつけのラーメン屋「なりたけ」

アンコールのMCでもひたすらお店を宣伝

その結果がこちらでございます。

ぼく自身も自分を構成する大事な要素であるバンドが突然解散を発表したことがあります。しかし数年後に復活をしました。だからこそ伝えたいことを本日は書きたいと思います。

バンドなんてものはそもそもが奇跡の上に成り立っている。

色々なバランス、人気、売上、動員、印税、給料、金銭面、パワーバランス、嫉妬、、、

様々な要素がある。バンドだもの。

DIR EN GREYだって、今まで色んな解散の危機を乗り越えてきました。そもそも解散と継続の差なんて紙一重で、解散て選択肢は常に蠢いていてたまたま毎日それを選択してないだけなんじゃないでしょうか。

そして、ただ単にファンのためにだけで続けられるほど甘くないのです。

好きなバンドが解散した時の心境

当時ぼくはPIERROTというバンドが好きでした。まさに中2にではまり、この世界に足を踏み入れました。しかしながらPIERROTは2006年に突如解散を発表します。正直音楽性が少し変わって来ていたので、あまり聞かなくなっていましたし、高校3年生くらいからDIR EN GREYを聞くようになってからは、あまり情報をとらなくなっていましたし、LIVEに行く回数も減っていました。

PIERROT解散

それでもこの文字をmixiのニュースで目にした時は、信じられずに息が止まりそうになりました。直前に行ったLIVEで解散は絶対にしないって言ってたのに。

PIERROTが解散した理由は色々あると思いますが、すっごいめちゃくちゃ端的にいうと「メンバー不仲」に分類されます。

だから解散LIVEなんてありませんでした。PIERROTを存続したい派のメンバーのコメントが先に掲載され、数日後に脱退希望派のメンバーのコメントが付け加えられました。

今これを書いてる時ですら、当時を思い出して泣きそうになります。

ギルガメッシュファン、SCREWファンの方々の心中お察しします。

それでも受け入れるしかない

PIERROTのラストシングルは皮肉にも「HELLO」というタイトルでした。

ボーカルのキリト曰く解散する気はなく、再起のつもりでレコーディングしたとのこと。しかしながら結果的にラストシングルとなりました。その歌詞にこんな一節があります。

どこへ逃げようとも望んだものは手に入らない
何を叫ぼうとも壊したものはもう戻らない

だから

瞳閉じて胸に手をあててあの日を思い出そう
たとえそれが押し殺した涙を秘めた朝だとしても
前を見つめ両手を広げ もう過去に別れを告げよう
たとえそれが行き場のない涙を秘めた明日だとしても

それでも、受け入れるしかないんです。

PIERROTの場合は何度もメンバーたちは話し合いの場を設けたそうです。

それでも、喧嘩別れにおわりました。

どんな結果であろうと好きなメンバーたちが出した結果なら、受け入れるのがファンだと思います。

たとえそれが、どんな結果であろうと。

もともとが奇跡の上に成り立っていた存在

その奇跡の時間を一緒に過ごせた事実はとても素晴らしいと思いませんか?

ぼくも、あの時レンタルCD屋でまだ縦長だったPIERROTのCDを借りていなければ、今の自分になんてなっていません。

あの時、横浜アリーナで生まれて初めてLIVEというものにいってなければ、今の自分にはなっていません。

死にたく死にたくて死のうと思った時に大好きな音楽があったから生きてこれたのかもしれません。

その奇跡の瞬間にファンとして立ち会えたことに、そして自分もその奇跡の一部だったことに誇りを持ちませんか?

だから、今は受け入れるしかないのです。

しんぺーはこう思った。

少しだけ希望を残して終わりにしたいと思います。

解散したバンドが復活するのってめちゃくちゃカッコ悪いて思ってました。

でもね、そんなことなかったです。

2014年、PIERROTは突如復活します。そしてLIVEをやりました。

夢の様な時間でした。自然と溢れる涙を止める理由はどこにもありませんでした。

信じましょう

バンド存続が奇跡っていうなら、信じましょう、もう1つの奇跡を

復活という奇跡を。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-ブログ、雑記
-,

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5