最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

Angelo

拝啓ピエラーの皆様。必要なのは軽率な勇気だけです。

先日書いた記事について自分のブログの記事にしては多くの方に読んでいただけたようで嬉しく思います。新しい音楽に触れること、それはいつでも素晴らしい体験です。自分も久しぶりにビリビリくる感覚に襲われて最高にハッピーな気分です。しかも、それがAngeloであったなんて。で、まだ少しだけあの記事で触れられてなかったことを書き足したいと思います。

Angeloを聴いてようやくピエラーのぼくの魂が救済された話。そこには未来があった。

Angeloを聴くことを辞めていた。PIERROTが解散してから、その影を追ってAngeloを聴いたけど、そこにはPIERROTはなくて、傷を追った怪物の姿しかなかった。両手がもがれ、苦しむようにのた ...

ぼくは幸運にもこのタイミングでAngeloを聴くことができました。本当に幸運なことだったと思います。
それでも、同じように聴こうとすら思えない方がいることも当然予想できます。聴かない選択ももちろんありだと思います。そこには、人それぞれの思いがあり、PIERROTと過ごしてきた時間が濃厚であればあるほどきっと失った傷は、今も癒えないままなんじゃないでしょうか。復活ライブや対バンイベントなんかもありましたけど、それは別。

そんな方向けに書きます。

本当に驚いたのは、Angeloの曲がいいとかかっこいいとか、PIERROTの時とは違うとかそんなことじゃない。

キリトという男が、このAngeloという体験に「答え」を用意してくれているという点です。(敢えて体験と表現しますね)

Angeloを聴くことで、それまでPIERROTの時から絶え間なく聴き続けていた人、自分のタイミングで聴いてみようかなと思った人に対して答えを用意している。こちらが思っている以上に、向こうはこっちのことを思っていて、そして多分人一倍すまないという気持ちとだからこそ、前に進もうとしていて、それを行動で示そうとしている。

それこそがAngeloというものなんじゃないかと思いました。

そう、設計されています。仕組まれています。聴けばわかるとしか言えないけど、この体験は体験してもらう以外にない。少しだけ踏み出す勇気、軽率にもチラッとだけ聴いてみようかなの出来心。それだけがこの体験に必要なチケットです。

聴けば何かが変わるわけじゃないけど、きっと何かが変わると思う。

ここからは予想なんですけど、Angeloのメンバーには2名自分たちのバンドが解散したメンバーがいますね。あの人たちのファンももしかしたら同じ気持ちなのかもしれない。そのメンバーが両翼を担うってるってことはキリトは同じような痛みを背負う覚悟をしているのかもしれない。そして、そのファンたちに対しても同じように答えを用意しているんじゃないのか。まぁこれは勝手な予想ですけどもね。

でも、そう考えると、昔のキリトのままでずっとぶれることなく前線で戦い続ける「怪物」なんじゃないかなと思えます。変わらぬ、変わった風景が絶対に見られるはずです。

PYCHEというアルバムのPRAYという曲を聴いていて涙が溢れそうになりました。とりあえず目の前が滲んだ。

せめて願わせて
君が触れる全てのものが微笑みに繋がることを

せめて願わせて
君の流す涙がいつか強さに変わることを

この曲だけでも聴いてほしいと切に思います。必要なのは軽率な勇気。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-Angelo
-,

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5