私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREYとsukekiyo、あとはiPhoneとかぼくが好きなガジェット・webサービス関連情報のブログです。読んだ誰かのためになってたらウレシイです。

トラウマ

死ぬほど死ぬことと生きることについて考えてよかった。

投稿日:2016年2月25日 更新日:

最近実感している、自分には論理的思考工程が備わってて仕事場でそれを発揮できていると。

いや、周りからの評価は知らんけど実感しているだけで。

スポンサーリンク

その能力というか習慣ってどうやって身につけたのかと顧みると、死ぬほど死ぬことと生きることについて考えてノートに書き連ねてた時があったからだろうなと思う。友達いないから日がな一日、複数回スタバに言ってめちゃくちゃ甘いカスタマイズして、ひたすらノートに何で生きているのか、何で死なないのか、どうしてこんなにクソなのか、どうして誰からも必要とされないのか、どうして他人と違うのかを書きまくってた。フローチャートやら樹形図にして。

でも、それだけじゃないと思う。

経験があるだけでは何も活かせてなかったと思う。もう一つ重要なこと

それは、応用する力

自分の能力や特性があっても、それを目の前の状況に応じて適用させられなければ意味がないと思う。

学校のお気に入りの授業で教授が言ってた。
自分に合うか合わないかで環境を選ぶのではなく、目の前の状況に応じて特性や能力を展開できる能力の有無が重要

スティーブジョブズも言ってた。
重要なのは点と点を結んで線にすること。
一つ一つは関係ない出来事でも、線としてつながりを見せた時に初めて生きたものになってくる。

自分の死にたいって考えたことを応用して今に活かせてるんなら、無駄じゃなかったなと思う今日この頃

じゃ応用力ってどうやったら身につくのかっていうと、わからん。多分、突き詰めるしかないんじゃないかと思う。ぼくの場合でいうとひたすら死ぬこととなんで生きているのかについて考えまくったこと。その結論もさる事ながら、それに費やした時間と深度が重要だったんだろうなと思う。好きなことやぶち当たってることにひたすら取り組みまくることでいつの間にかほかの事例に応用できるようになっていくんじゃないかと思う。

適者生存って言って環境に適応できた生物だけが生き残れるのは世の理
でも、人間は環境を自分で変えることができる。

もし生命の危機がない環境なら自分に合うか合わないかではなく、自分の特性を適用できるのか、するには何をしたらいいのかを考えてみてもいいのではないかとぼくは思います。そのままで適用できなさそうなら環境を改変してもいいんじゃないかと思うし。

合うか合わないかではなく、自分の特性を適用するためにはって視点で環境を見つめなおしてもいいのではないかなと.

-トラウマ
-

執筆者:

関連記事

bsN612_aretasizaiokiba

先輩の言うことは聞かなくていい

バイトを卒業するときに、来たばかりの叩き上げの店長がこんなこと言ってた。 私には実績があるんですって はぁ。そっすかぁ。と思った。

-shared-img-thumb-PAK752_usuguraikaidan15040150_TP_V

嫌なら逃げていいけど逃げないことで見えてくるものもある。

会社が嫌で嫌でしょうがない。そんな時期がぼくにもありました。だいたい会社に慣れてきて2、3年くらい経つと嫌な部分が見えてきたり息切れしてきたりするものです。同期もちらほら辞め出して気がつけば自分も毎日 …

IHO_15398031479_82fa17825b_o.jpg

喰ってかかるしかできないぼくのスタイル

会社で絶対上手くいかないだろうという案件に組み込まれた。コンテンツオーナーは若い女の子で「やりたいやりたい」ばかりで「なんで」「なんのために」とかが抜けてて、しかも代替サービスなんか世の中にもたくさん …

IMS251_onbororisusan.jpg

反抗のすすめ

先日、会社の他のチームの責任者にぼくが普段思っているご意見をお話ししました。 しかしながら、日々の業務が多いことを理由にぼくのお話しに対し、全て「ん〜難しいね」との返答しかしてくれませんでした。論理立 …

IAME887_matuokouzansyukusya.jpg

個性なんて鼻紙ほどの価値もないと呪った話

10代の時、他人と違う自分のことをひどく呪った時期がありました。 なぜ、クラスメイトが好きだというものに価値を見出せないのか なぜ、クラスメイトが好むカルチャーを受け入れられないのか なぜ、クラスメイ …