私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ライブレポ・ガジェットとかのブログです。

gadget

Vlogカメラの決定版「OSMO POCKET」レビュー

投稿日:

ささやかながらvlogというものをやってみています。顔出しも今の所してないし、街中で撮影してます感も恥ずかしいので地面しか撮れてません。が、いいものを手に入れました。超小型ジンバル一体型カメラ「OSMO POCKET」です。

スポンサーリンク

以前、Zhiyunの激安スマホ用ジンバルを購入して使っていたことがありました。とてつもなく滑らかな映像が撮れて大変いい製品でした。が、問題はその大きさとセッティングの手間でした。しかし、OSMO POCKETはその全てを解消しています。ポケットに収まるほどの大きさ、そしてセッティングなしで電源をつけたらいきなり撮影できる手軽さ。ぼくの用途にとってはこれ以上のものはないでしょう。

OSMO POCKETとは?

ジンバルやドローンを販売している中国のDJI社の、超小型のジンバル一体型のカメラです。

ジンバルは通常、カメラやスマホを取り付けて、手振れを補正するために電子制御するものです。サイズも結構大きいものが多く、折り畳めるものでもカバンに入れないと持ち運びができません。しかし、OSMO POCKETはその名の通りポケットに入るほどのサイズです。




ポケットに収まるサイズ

スマホよりも小さいです。

iPhone8Plusと並べてみるとその小ささがわかります。実際は厚みがあるので、ジーパンのポケットに入れて座ったりするには不安があります。カバンに入れる分には、十分小さく逆に無くさないか不安になる程です。

セッティングの手間が不要

通常ジンバルを使用する前には、スマホをセットしてから水平を保つ部分にセットしてから電源を入れたりといった手間がかかります。しかし、OSMO POCKETなら電源を入れてすぐに撮影ができます。セッティングは不要。スイッチを入れると、カメラ側が勝手に水平を探してくれます。かなりお手軽です。

vlogにぴったりのカメラ

この小ささ、手軽さはまさにvlogにぴったりです。ぼくは最近動画の撮影を始めたのですが、外での撮影はなかなかにハードルが高いです。カメラなんかもってると見られるし、スマホでの撮影をするにしても何してんだ?という目で見られることでしょう。それがこの小ささだと全く気がつかれません。逆に盗撮を疑われてもおかしくないでしょう。それくらいに小さいのです。

性能について

本体のみの撮影だとあまり細かな設定はできません。ここからライトニングが出てるので、このままiPhoneのけつにぶっさします。分厚いカバーをつけていると接続できないかもしれません。

スマホと接続することで細かな設定ができるようになっています。さらに、一度接続して設定した内容は、接続を解除しても引き継がれます。また多少暗くてもかなり明るく補正されるので、そう言った意味でもアクションカムの様に使う事ができるのではと思います。細かな設定なしにブレない映像を手軽に撮ることができます。

こんな人におすすめ

手軽に気軽に手ブレしない画像が撮れるので、映像として後から見てストレスがないものを撮影することができます。
そのため、移動しながらの撮影をしたい人にとても向いています。歩きながら、車やバイクに乗りながらの撮影に適しています。
旅行やバイクブログなんかに最適です。

また、小型で撮影している感が少なく目立たないので、初心者のVlogに最適といえます。

created by Rinker
DJI
¥36,960 (2019/10/18 20:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

しんぺーはこう思った。

今年はもうガジェット関係で大きな買い物はしないつもりでしたが、増税前に急いで購入しました。今はまだ、撮影の練習中でどういった使い方がいいか模索中です。
自分の使い方を補助してくれるような相手もも追加購入しましたので、そちらも使ってみてから感想を追記していきたいと思います。

また、納得のいく映像がとれるようになったら公開していきたいと思います。

といったところで本日は以上です。
おやすみなさい。

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-gadget

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.