最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

LUNATIC FEST.

【LUNATIC FEST.】参戦バンドの活動歴の長さを比較してみた #ルナフェス

さて、来週には第3弾アーティストの発表があります。参戦バンド数は23で、今のところ17発表されていますので、残り6バンドですね。参戦バンドを一通り調べてみて、気になったのでちょっと経歴を並べてみました。

ルナフェス参戦バンドの経歴表から予想するオーディエンスの年代

65f87e1f0f852932d049ea75cd0a08a3.png

だいたい音楽を聞き出すのって小学校高学年から中学生くらいだと思います。

とすると…
2015 ー デビュー年 + 12 = ざっくりファン年代

DEAD END、デランジェ、AIONファン層 40代〜
LUNA SEA、GLAYファン層 30代〜40代
DIR EN GREY、ムック、ロットンファン層 20代後半〜30代中盤
9mm、coldrain、ラスベガスファン層 20代

これ、だいたいあってると思います。どうですか??自分の年代とだいたいあってるんじゃないですか??

しんぺー はこう思った。

これ、なんでこんなこと思いついたかというと第2弾発表時にこんな印象をもったからです。

第2弾発表されまして、完全にわかりました。これは往年の武闘派バンギャと、2000年前後からバンギャになった人たち、そしてキッズたちという全くの異質なファンが交錯する「オナジヨウナイロ」をした完全なるカオスを起こそうとしてるんだと思います。
Vと非Vかと思ってましたが、そんな生易しいものではありませんでした。

勝手な印象ですが、LUNA SEAあたりのバンギャって、特攻服に竹刀・木刀のイメージがあるんですよね。あとマスク。要は暴力と音楽の境界が曖昧な時代というと言い過ぎだけど、なんか反抗の象徴としての音楽が確立されていた時代ってのがあったと思うんですが、それが80年代90年代中盤までだったんじゃないのかなと思うんですよね。

でLIVEやら音楽から「牙」がなくなっていったのが90年代後半だと思います。その要因の一つにはPIERROTとDIRのファン同士の幻想的思想抗争があったと思うんです。ファン同士の自重やPIERROT側からのマナーに関してのアナウンスとか、hideの死とか、あとはビジュアル系バンドがオリコンから消えてきた時代。そのあたりから急速に「牙」がなくなったと思います。もちろん、音楽面での変遷が一番の原因だとは思います。より人間の内面に重きを置いた歌詞やバンドが多くなり、自虐的自称的内罰的な風潮が高まっていったのではないかと思います。

そして、21世紀。ネットの普及(昔はネットってなかったんだからな)、スマホの普及、SNSの普及などなど
多様化する価値観の中で様々な音楽が生まれ、そして復活しています。

だから「ナニ」という結論は現時点ではないんですけど、とにかく、ルナフェスではそんな「ナニ」かが起こる気がします。

と言ったところで本日は以上になります。おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-LUNATIC FEST.
-,

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5