最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2021/6/6

【ライブレポ】DIR EN GREY「疎外」2021/6/5@東京ガーデンシアター

DIR EN GREYのライブに参戦したのはどうやら18ヶ月ぶりくらいっぽいです。 前回が2019年11月20日の「This Way to Self-Destruction」のツアーファイナル(新木場スタジオコースト)で、そこからはライブが開催されていなかったので、爆音上映会やオンラインのライブを除いては実に長い間ライブがない状態でした。 目次1 ライブレポ2 セットリスト3 TOUR21 DESPERATE4 しんぺーはこう思った。 ライブレポ というか感想、というか思いの丈です。 結論を先に書くと や ...

ReadMore

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2021/7/17

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKT Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

ブログ、雑記

最近Kpopを聴くようになったんだけど、何となく90〜00年代のビジュアル系業界っぽい気がする

最近Kpopをよく聴きます。DIR EN GREY、sukekiyoを聴いていない時はKpop聴いてます。YouTubeでMV見るのはもっぱらKpopです。

以前ならどのグループも違いがわからないし、メンバーの顔の違いもよくわからないとかって思っていました。でも、今はグループごとに特色が違ってて、全然違う音楽をやってる気がします。

で、ふと、なんとなくぼくがビジュアル系を聴き始めた時の状況に近いんじゃね?って思いました。本日はそのことについて書きたいと思います。

Kpopの何がいいのか

多分単純に触れる回数が多いから、個人的に気になっているのかもしれません。
YouTubeで西洋音楽流れてくること、もうほぼ皆無。

おすすめ全部Kpop

だからいいと思ってるのかもしれません。でも、個人的にはちょっと違う気もします。きっかけはYouTubeのアルゴリズムだったとしても。

メンバーの背景がわかりやすい

どうも各グループ、サバイバルオーディション形式の番組企画から生まれたみたいなのが多そうですね。
興味でてwikipediaみに行くと大抵Mnetの番組から〜とかって書いてあります。

で、そのあたりの番組を深ぼってみていくと、なんでアイドルになりたいのか?とか何年練習生やっててやっとチャンスが回ってきた!とか、さらにどういう性格で、どういう得意不得意があるのかとか、そのあたりがわかりやすくなっています。

出自に当たりやすいというのは、後からファンになったものにとっては、非常にありがたいことです。

曲が好き=グループが好きに流れ安い気がする

お、この曲いいなって思って他の曲も聴くと良い!と思って、どんどんハマっていく。

多分そういう構成になっているんだと思いますが。ただ、アルバムのタイトル曲以外は、あまり触れる機会がありません。多分その辺りが昨今のサブスクカルチャーの影響かもしれませんが。

アルバムとして、一個のかたまりとしての作品に没頭するということがありませんでした。

YouTube上で出てくる映像ももちろんタイトル曲しかないし。そこから好きになってもタイトル曲じゃない曲たちに触れるタイミングという物自体が存在しない気がします。CD買ってないから。

ここが「あの時の」ビジュアル系ぽい

で、多分ぼくがハマっている要因で一番大きいのが以下2つなんじゃなかろうかと思います。

音楽性が多種多様で好きなグループが見つかる

どの曲聴いても、どのグループ聴いても個性が効いてる。

まぁ多少おんなじ様なものもあるかもしれませんが、どれも似通ってはいない。
パクったりするとすぐ拡がる昨今だから、ちゃんと区別できるようになっているんですかね?

わからんけど

でも、昔のビジュアル系みたいに、こっちは好きじゃないけど他のグループは好きというムーブが容易。

メンバーの個性が多種多様で好きなメンバーが見つかる

個性がバラけるようなメンバーを選んでいるのかわかりませんが、日本の量産型アイドルとは違ってる。一個売れるとこぞってコピーを生み出してジャンルを食い尽くしてた日本の失敗を汲んでいるのでしょうか?

グループの中でそれぞれ役割がなんとなく見えます。バンドの担当パートもそうですが、戦隊モノの色分けにも通じるところがある気がします。

だから自分が、なんとなくこの子好きというのがしやすい。
それは外見とかだけじゃなくて。ダンスや歌や性格やら含めて。

思えばPIERROTを好きになってすぐ、メンバーの小さい頃からの歴史が書かれた本がでました。赤い表紙のやつ。タイトルわすれたけど。
あれ見て、シングル3枚目から好きになったぼくは、やっと追いついた感がありましたっけ。メンバーの個性もなんとなく掴めたし。

なんとなく、このいつでもどこでも感が当時のビジュアル系の状況ににてるなーと思った次第です。

このグループが好き

で、ぼくが好きなグループです。

Twice

NiziUの所属事務所の大先輩。Twiceも実はオーディション番組からデビューした人たちです。

ただし、それぞれの歴史はNiziUに比べると割と過酷。何度も何度もデビューの機会がありながらも、その都度白紙になって、それでも諦めなかった人や、一度は落選するも次の日から、すぐに練習を初め次の機会に備えてたら奇跡起きて呼び戻されて復活した人や。

それぞれの背景を思うと涙がでますわ。

ちなみに、これが日本でのニューアルバムのタイトル曲。
めちゃくちゃかっこいい。

StrayKids

これまたNiziU所属事務所の先輩の男性グループです。
NiziUがデビュー前にMV撮影にエキストラ参加したりしていました。

面白いのが、自作ドルというらしく自分たちで作詞作曲を行なっているらしいです。それが、曲の説得力を増している感があります。(言葉わからんが)

とりあえずカッコよくてハマりました。
ファンクラブ入ろうかどうか検討中。

NiziU

日本の初めての緊急事態宣言とかぶって、割とリアルタイムでテレビ見てた人も多かったんじゃないでしょうか。

日本はこういう甲子園的感動が好きみたいに思っている人もいるかもしれませんが、このNiziUが歩んだ道は、上にあげたように先輩たちが通ってきた道。

それがあるからこそのNiziUという感じがします。

ちなみにメンバーのマユカは、Twiceのモモと同じ中学校出身らしいです。

aespa

曲が良い。

カッコいい。

気が付くと何度も再生していました。予備知識ほぼ無しですが、曲だけでハマった。ただどうもまだ2つくらいしか曲がでてないっぽいです。
供給はよ

しんぺーはこう思った。

関連でいろんな動画を見ていると、ダンス解説とかも出てくるんですが
そういったのを見ていると、最近のスマホの画面サイズを意識したダンスや構成になってたりするらしいし
本当に色々考えられてマーケティングされていると思います。

多分これからも色々と進化してくだろうか、楽しみです。

どうでもいいけどPIERROTの書籍のタイトルはPROCESSでした。そういや。

と言ったところで本日は以上です。
おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-ブログ、雑記
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5