ゲーム

HORIZON ZERO DAWNレビュー「オープンワールド苦手でもクリアできた!」

PS5で続編がでるということで、オープンワールドが苦手なぼくですが、とりあえずやっておこうと思い購入しました。

(1月にフリープレイになってた上に、最近セールやってたのに中古で購入)

結論から言うと、このゲームを通して多分オープンワールドに対する苦手意識が解消ました!

個人的にはそれだけでも大収穫

本日はHORIZON ZERO DAWNをクリアしましたので、そのレビューです。

HORIZON ZERO DAWNとは

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,040 (2022/11/28 07:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

どんなゲームか

  • 広大なマップ
  • 多種多様な敵
  • 程よいむずかしさ
  • 爽快なプレイ感
  • 明快なストーリー

広大なマップは最初こそ徒歩での移動ですが、スキルを獲得することで移動方法が増えるので、ストレスはありません。

敵それぞれに弱点があったり、装甲や部位破壊できるため戦術を駆使して考えて戦うことが醍醐味でしょう。

そして、全体を通して程よい難易度なので遊びごたえがあります。

また、スピーディーな戦闘は爽快で、敵に囲まれた際のスリルも言うことありません。

そして、複雑ではなく明快なストーリーにより、スルスルと進めることができました。

あらすじ

PS4のオープンワールドゲームです。

現代社会が崩壊し1000年、地上には機械獣が溢れ、人間は新たな文明を築き生活していた。主人公のアーロイは、辺境の部族の中でもさらに異端の者として育てられた。

ある日、太古の遺跡に迷い込み、そこでフォーカスと呼ばれる端末を拾います。それを身につけ、あらゆる情報にアクセスできるようになります。

時は流れ、成長したアーロイは自分の母親が誰なのかを知るために、部族の義勇兵の試験を受けます。合格すると願いが叶えられるため。しかし、試験中に外の勢力に攻められ部族の多くが命を落とします。

そして、敵勢力のなぞを突き止めるために、使者となり部族の住む土地を離れ冒険に旅立ちます。

ここからネタバレ

ストーリーの主軸は2本はしっています。

1つはアーロイの村を襲った敵を突き止めること

もう1つはアーロイの出自の謎を突き止めることです。

様々な土地のあらゆる遺跡などに入り、フォーカスを駆使し情報収集する中で、支援者の助けも借りながら真実を探し続けます。

そこで、この世界ははるか昔1000年前に一度滅びていることを知ります。

アーロイは自分がその原因を作り、さらにこの世界を救った1人の博士のクローンであることにたどり着きます。その博士の名前は、エリザベト・ソベック。

ファロという超兵器の暴走により、地球全体の生物が絶滅してしまいます。それを食い止めるためのプログラムの構築には時間がかかる。その間に生命全てが絶滅することは避けられない。

とにかく時間を稼ぐことが必要です。

そこで、一旦絶滅するも、そのあとで生命を再構築させるZERO DAWN計画を始動させます。ガイアと呼ばれるAIを開発し、そしていくつもの役割をもつ副次的なプログラムたちも開発される。

そのうちの1つがハデスと呼ばれる破壊を司るプログラムで、ガイアによる地球の再構築が適切出なかった場合に、一時的に支配権を得て再構築を最初からやり直すために、それまで作ったものを破壊する機能がある。

このハデスが何らかの原因により、独立し暴走する。そして、カルト教団を組織し世界を破壊すべく様々な手をつくすのでった。

それに対抗すべく生み出されたのがアーロイ。遺跡の中でフォーカスを得て、やがてハデスを止めてくれるようにと導かれた。実は、アーロイの村を襲ったのものこのカルトで、アーロイを脅威として認知したハデスによるものだった。

自分の正体を知り、使命を知ったアーロイはハデスを破壊すべく立ち向かう。

クリア後の感想

ぼくは、このゲームを通して成長することができたと思います。

変わることができました。

自分が苦手だと思っていたものを克服することができました。

オープンワールドがずっと苦手でした。
理由は多分こんな感じでしょう。

いきなりどこへでもいける

一足飛びにすすめたい

いきなり強いところに行ってしまう

進めない

クソ!!!

このゲームでも最初そうなりかけました。やっぱり自分にはオープンワールド向いてないなとか思いました。

しかし、ちゃんとやればそうじゃなかった。

しっかりとレベルを上げ、武器防具を買い、サブクエをやると、あら不思議。ちゃんと進められるようになりました。どんどん楽しくなりました。

HUNTER×HUNTERのグリードアイランド編で、ビスケが「このゲームはちゃんと進めれば成長できるようになってる」というようなことを言っていましたが、つまりそういうことです。

製作者の意図どおりにきちんと進めれば、楽しめるのです。

ゲームを通して、自分の意識が変わることを初めて自覚して経験できました。

多分、これって成長ですよね?多分、これが成長ってやつだと思います。

本当に素晴らしい体験ができました!!

しんぺーはこう思った。

もうすぐPS5が出ると思うので、次回作とても楽しみになりました。

アーロイはラスアスのエリーと若干立ち位置が似ているんじゃないかと思いました。

ただ似ていると思ったのはそこだけで、アーロイはひねくれてもいないし、竹を割ったようなとはまさにこのことで強い性格。幼少期こそブサイクな感じで入り込めませんでしたがw

最終的には大好きになりました。(エリーも好きだけども)

と言ったところで本日は以上になります。
おやすみなさい。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,040 (2022/11/28 07:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-ゲーム