最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2021/10/30

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR21「DESPERATE」2021/10/26@Zepp Haneda

DIR EN GREYのTOUR21「DESPERATE」の2021/10/26 Zepp Haneda公演のライブレポです。 今思うとこの日が、ぼくの今年最後のライブだったようです。緊急事態宣言も解除されたとは言え、未だ不透明な情勢ですが、次回のライブでは以前の様に心の声ではなく、魂の入った発声が出来るようになっていたらと願います。 目次1 ライブレポ1.1 メンバー衣装1.2 セットリスト2 Zepp Haneda3 THE FINAL DAYS OF STUDIO COAST4 AVERAGE PS ...

ReadMore

no image

2021/9/5

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR21「DESPERATE」-a knot only-2021/09/04@CLUB CITTA’

生きているのを思い出した。 6月の疎外以来の久しぶりのライブでした。会場周辺も色々様変わりしてい、あったものがなくなってたり、新しく出来ているものなんかもあったり。 またチケットシステムも今までと違うものが導入されたりしてて、混乱も起きていたみたいです。 ということで本日はライブレポです。 目次1 ライブレポ1.1 メンバー衣装1.2 セトリ1.3 感想2 罪深きチケットタウン3 しんぺーはこう思った。 ライブレポ 指定席で座席あり、隣との距離は離れておらず普通に詰めて座る感じ。入場時の確認票はいつも通り ...

ReadMore

no image

2021/6/6

【ライブレポ】DIR EN GREY「疎外」2021/6/5@東京ガーデンシアター

DIR EN GREYのライブに参戦したのはどうやら18ヶ月ぶりくらいっぽいです。 前回が2019年11月20日の「This Way to Self-Destruction」のツアーファイナル(新木場スタジオコースト)で、そこからはライブが開催されていなかったので、爆音上映会やオンラインのライブを除いては実に長い間ライブがない状態でした。 目次1 ライブレポ2 セットリスト3 TOUR21 DESPERATE4 しんぺーはこう思った。 ライブレポ というか感想、というか思いの丈です。 結論を先に書くと や ...

ReadMore

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/17

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/17

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2020/3/29

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKT Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

music

ぴあ初「チケトレ」が完全なる漁夫の利狙ってて全く使えなさそうな件

ぴあが運営を5月10日に発表しました業界初の公式チケットリセールサービス「チケトレ」を発表しました。昨今のチケット高額転売禁止の流れの一貫で定価での取引促進と悪質ではない高額転売への抑止になりそうな雰囲気をかもしだしていましたが、ふたを開けて見てびっくり。公式による手数料二重取り施策でございました。はい!かいさん!

「チケトレ」とは?

https://tiketore.com/

ざっくりいうと次の3点

  • 公式のリセールサービス
  • チケット券面金額での出品
  • 購入者には保証がある

まず、このサービスは音楽業界の各協会から委託をうけてチケットぴあが運営を行う公式の2次売買サイトです。チケットの出品は全て券面金額でされ、出品者・購入者のどちらも本人確認のために公的書類による情報登録が必要必須となっています。

また、購入証明書の発行もあります。さらに万が一購入したチケットが偽造チケットや不正チケットであったりして、コンサートへの参加ができなかった場合などは、全額返金保証なども用意されているようです。

取引の流れ

tiketore01

  1. 公的書類による本人確認を行い登録した出品者が公演名を選んで出品
  2. 公的書類による本人確認を行い登録した購入者が落札
  3. 出品者がチケットを発送
  4. 購入者がチケットを受け取る
  5. 公演日の4日後に運営から出品者にお金が振り込まれる

こんな感じです。

手数料

出品及び購入には取引手数料が発生します。

・出品手数料:出品チケット金額の10% 3999円以下は400円(出品者)
・購入手数料:購入チケット金額の10%(購入者)

さらに、決済システム手数料が購入したチケット金額の3%かかります。(購入者)
さらに、送金システム手数料として380円かかります。(出品者)

定価7000円のチケットが取引される場合

出品者は700円+380円の手数料と送料の負担をすることになります。

7000円 ー(出品手数料700円+送金システム手数料380円+送料約400円)= 5520円

負担する手数料は1880円
手元に入るお金は5520円

購入者は700円+210円の手数料を負担することになります。

7000円 +(購入手数料700円+決済システム手数料210円)= 7910円

負担する手数料は910円
かかるお金は7910円

こんなの高額転売の抑止にすらなっていない

これ全くの本末転倒でしょう。

だいたい高額転売がなぜ禁止だと言われているのかというと、業者によるチケットの買い占めがされ一般のファンがこれなくなるからというのと、高額転売チケットを購入することによる可処分所得の減少という2点が問題なわけです。

このサービスを利用する出品者が仮に定価でしか譲りたくないという普通の人だったとします。SNSで実費分こみで取引してくれる人を探すでしょう。

なんで、高額な手数料を負担してまでこんなサービスを使わなきゃいけないのよ

で、一方出品者が場合によっては定価以上で売ることも辞さない人だった場合、他のサービスに比べて優位性が皆無なのに抑止にはなりえない。高額手数料を払わずにもうかるチケキャンで売りにだすに決まってんじゃん。

ということで、これ何の役にも立たないサービスです。

映画上映の前に客を泥棒呼ばわりするあのCMと同じ構造で警告を待ちがったところに流してる。

取り締まるべきは転売業者だろ

しんぺーはこう思った。

Tiketore222

オリラジの転売撲滅の話もそうだけど結局はどっかに負担を押し付ける構造になるわけです。

音楽業界というよりもこれチケット業界の構造の問題ですな。

業者じゃなくて個人を取り締まりたいなら、善人による相互管理システムを作る方が早いんじゃないかと感じてる。マストドン的な。

全員に、だれがどのチケットを譲りたくて、だれがどのチケットを譲ってほしいかわかる相互監視的なという意味でのブロックチェーン的発想のなんかを作るしかないんじゃねと思いました。

そうすれば、あ、あいつ定価以上で売ろうとしてるわーって。でなみにそこでやりとりされるのは参加権だけで、チケットのやり取りはしない。

最終的に権利者に対してデジタルチケットが送られてきて、入り口でピッてやって入場的な。

コストの部分は出品者に対して月額制で請求。もちろんどちらも低額で。

出品者の月額制ってのは結構現実的だと思うけど。だって複数公演友達と一緒に申し込んでどっちも当選したらさばかなくちゃいけないわけで、そうなると保険みたいな感じで登録しておいた方が結果的に早く確実にはけさせられるでしょう。これうまくいけば販売した分のチケット枚数=動員数になるんじゃないかろうか。

ま、眠いまなこをこすりながら適当に書いてるん真に受けないで

と言ったところで本日は以上になります。
おやすみなさい。
そして、また明日。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-music
-