私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ガジェットとかのブログです。

youtube

【Youtube論】パクリ動画ばっかでYoutubeがつまらない

投稿日:

ぼくが好きなYoutuber・ゲーム実況者はけつ毛中級兵中級兵とCasey Neistat、瀬戸弘司、2BRO、100YENGAMER、アンソニーです。で、つくづく思うんですが面白いな〜って思うYoutuberを見つけるのって本当難しいんですよね。

スポンサーリンク

海外Youtuberをパクる日本のYoutuber

Youtubeのアルゴリズム上、似たような動画がおすすめされます。自分の視聴同行やその動画を見た人が見たもの動画だからといった様々な様子でおすすめされるんでしょうけど、そうなるとどうしても似たり寄ったりの内容のものしか出てこないんですよね。

でも、これってYoutube側のシステムの問題よいうよりも、動画をつくってるYoutuber(クリエーター)側の問題だと思うんですよ。端的に言うとパクリ動画ばっかりなんです。

海外のYoutuberが鉄球を熱して様々なものを溶かす動画をあげれば、日本のYoutuberも同じネタをあげるし、それを見た他の人も同じような動画をつくります。海外で熱した包丁の動画があがれば、こぞってパクリます。

ぼく個人の感想でいうと、別にパクるのが嫌なわけじゃないんですよ。パクってもオリジナリティが入ってればいいんです。それが丸パクリはおろか劣化版なんですよね。その結果、おすすめの関連動画に本当に関連動画ばっかりがあがっちゃうという。

じゃ、なんでみんなパクるのかというと、それが成功の方程式になっちゃってるんでしょね。つまり、海外で流行った動画の通りやれば日本でも受けるんですよ。しかも、ある程度自分たちの型ができていない人たち=最近勢いのある人たちほど、そういったパクリをやる傾向にある気がします。知らんけど

もうパクリばっかでどんどんYoutubeがつまらなくなる。

その結果、面白いYoutuberとであうのが本当に難しくなってきた印象です。

劣化コピーだかけの市場は滅びる

1990年〜2000年代にビジュアル系が衰退し、ヒップホップにマーケットの趨勢を奪われたのは、劣化コピーの横行だったのではないかと思っています。(ただ、日本のレコード会社は売れるジャンルが見つかるとすぐにそこに資金を集中させて同じようなアーティストをデビューさせる傾向が当時はあった気がします。)

しんぺーはこう思った。

ちょっと面白いかな〜と思って見ていると、いつのまにかパクリ企画ばっかで、他の人も全く同じ動画あげてたりして

本当につまらない。。。面白い人いたら教えてください!

と言ったところで本日は以上になります。

おやすみなさい。

そして、また明日。

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺー(@s_s_p_y )と申します。

-youtube
-

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.