私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ガジェットとかのブログです。

apple

Mac book proとtime capsuleとクラウドをつなげて環境構築完了

更新日:

先日購入した超絶使いにくいMacBook Proの環境構築が概ね完了しまし!バックアップを取りつつ、さらにクラウドに連携して本体のストレージを極力減らしました!本日はその仕組みなついてご紹介します。

スポンサーリンク

本体ストレージを大幅削減する方法

今まではMacBook Proの1TBSSD使っていました。そこからの乗り換えで、今回は500GBを購入しました。

ストレージが半分になるのであらゆるデータを整理し、重複画像や明らかに聞かない曲を消したりしました。それでも到底500GBまで圧縮できそうにありせんでした。

今回はその辺を見越してtime capsuleを購入していました。外付けハードディスクを使うのもいいですが、無線で自動で簡単にバックアップが取れるのでtime capsuleを選びました。

そして、さらにiTunesと写真、動画データを全て保存先をtime capsuleに移動させました。これにより、本体に容量が100GB程度になりました!

time capsule壊れたら怖いからさらにクラウドに連携

time capsuleにデータを置いておくのはいいんですが壊れた時全て吹っ飛ぶので、さらにクラウドに連携しています。クラウド連携することのメリットは、手元にmacがなくてもスマホからデータを見ることができることです。

ちなみにぼくが使っているのは音楽はgoogle play music、写真はgoogle photoです。iphoneのアプリで本体に保存されていなくても音楽聞いたり閲覧したりできます。google play musicの方は有料ですが、手持ちの曲を全てアップできるのでかなりメリットはあると思います。

ちなみに図にするとこんな感じです。
Mac book proとtime capsuleとクラウドをつなげて環境構築完了

Google Play Music

(2016.12.27時点)
posted with ポチレバ

parallels destopを使ってwindowsもインストール

macにはもともとwindowsをインストールできるbootcampという機能があります。これによりOSを切り替えてmacでwindowsを動かすことができるのです。

ただ、いちいち再起動が必要になるため今回はparallels desktopというソフトを買ってwindowsをインストールしました。このソフトの特徴はwindowsをmacのいちアプリのように使うことができるのです。つまり、再起動などは必要ありません。その場ですぐにwindowsを起動して使うことができるのです。使い勝手がめちゃくちゃいい気がします。

しんぺーはこう思った。

これで完璧だ!!!

本体の使い勝手を除いて・・・

本当に使いづらいんだ!!!タッチバーも邪魔!!!間違って触ってしまうし!でかくなったトラックパッドも間違って触ってしまうし!感覚が狭くなったキーボードも間違って触ってしまうし!!とにかく使いづらい!!!

と言ったところで本日は以上になります。

おやすみなさい。

そして、また明日。

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-apple
-

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.