私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ガジェットとかのブログです。

でんぱ組

最上もが脱退の噂に思うパンクとしてのでんぱ組

投稿日:

最近でんぱ組が参加するイベントにおいて、メンバーの最上もがが体調不良を理由に欠席することが多くなってきている。さらにメンバーを深読みするファンたちの中で、年明け武道館公演にてでんぱ組自体に何らかの動きがあるのではと憶測を呼んでいる。本日は、別に噂の検証をして最後有耶無耶にまとめて終わるようなことは書きません。ただ、メンバーが脱退かも、グループが解散かもということに対して少しだけ現実感を感じてしまって、非常に悲しい気持ちを抱きました。そのことを書きます。

パンクとしてでんぱ組

ぼくは今まで自分がファンをしているグループのメンバーが脱退するといったことを経験したことがありません。

DIR EN GREYやPIERROTも好きになってからはメンバーチェンジありませんし、アイドルグループもあまりファンになったことがありません。(EARTHくらいかな)

そんな中で、何とかなくこの件にリアルさを感じています。その現実感に内臓をキューっと掴まれたような感覚です。ネット上の反応には「しょーがない」とか「そうおもった」とか「もがちゃんを早く自由にしてあげて」とか、ぼくがみた中では割と好意的でした。

でも、ぼくにとってはでんぱ組に最上もがはいなくてはいけない存在です。最上もがだけではなく、ピンキーやねむきゅん、りさちー、えいたそ、未鈴ちゃん。全員がいてこそのでんぱ組です。

そんなメンバーたちが自分たちのバックボーンに基づき、ヒエラルキー下層であるオタクというカウンター的立場からの表現を全世界に向けてスケールするという前代未聞のグループでした。

ある意味、パンクなのです。異性に対して処女性を謳う王道のアイドル路線とは一線を画し、ファンと演者の互いの承認という形で存在するメジャーカルチャーへのアンチテーゼなのです。それは、ヴィジュアル系極まった中に現れたゴールデンボンバーとも似ています。

カウターパートなのです。

そして、その大事な欠片たちがメンバー一人一人なのです。だから誰1人欠けちゃいけない。

幸せや嬉しいなどのポジティブな感情は人それぞれ違うことが多い。けれどネガティヴな感情はだいたい似通っている。だからこそファンは自分たちに重ね応援し承認することで、自分を承認している。その像がでんぱ組なのです。

だから欠けちゃいけないのです。

彼女たちの代表曲とも言えるW.W.Dという曲は6人のことを歌った曲です。代替えできません。

アイドルとカウンターパートという相反する価値観の混在

でんぱ組はパンク。

ただし、だからこそ危うさをはらんでいます。それはカウターパートはメインストリームになった瞬間に意味を失うということです。

「愛と幻想のファシズム」という小説を知っているでしょうか。エヴァの登場人物名の元ネタとなっているキャラクターが出てきます。反体制の組織が日本支配を目論むストーリーです。その組織は狩猟社と言い、1人のカリスマを筆頭に活動を繰り返します
しかし、やがてメインストリームとなり、そこで意味を失い意義を終えたのです。

それと同じです。

アイドルとは成長という人間性の描く最大のエンターテイメントを共有する体験です。常に大きく飛躍していくことを求められます。ただし、それと同時に「ぼくだけの」「わたしだけの」という身近さ、親しみやすさ、秘匿性も持ち合わせなければなりません。それは処女性と言い換えることができます。しかし、グループが大きくなればなるほど手が届かない存在となり、重要な要素が薄れていきます。

地下アイドルが流行り、AKBやももクロが「いまあえる」ことを売りにしたのもそこです。

でんぱ組の場合、アイドルとしては高齢であり若さという意味での処女性は期待できません。しかし、それをオタクという要素で差し替えることで成り立っています。しかしながら、やはりグループが大きくなること=メジャー化してしまう問題をはらんでいます。オタクという差別化(マーケット的な意味だけでなく、ファンが抱く感情面でも)はメジャー化することでオタクではなくなってしまい、普遍的なものになってしまうのです。

これがでんぱ組が持つ危うさです。だから少なからず延々とこの路線を続けることはどちらにしろ出来ないのです。

メジャー化とパンクを併せ持つ存在最上もが

6人揃ってでんぱ組。だれ1人欠けちゃダメ。そう言いました。しかし、最上もがは中でも特異な存在です。

それまでただのオタクの地下アイドルだったでんぱ組をパンクにしたのは最上もがです。引きこもりで、必要に迫られてアイドルになり、自身をぼく特異な呼び、さらに金髪の上にボーイッシュな外見。全てがアイドルへのアンチテーゼ。

最上もがを見出したプロデューサーのもふく氏も最上もがのことをシドヴィシャスと称しています。

しかし、最もメジャー化しているのがこの最上もがでもあります。連ドラやテレビ番組にも出演し、AbemaTVでは冠番組も持っています。

しかし、それでも成立しているのが最上もがなのです。

そんな稀有な存在である最上もがは、でんぱ組が存在しうる限り必要な要素でもあるわけめす。最上もがが抜けた瞬間でんぱ組は、オタク文化を世界にというコンセプトでは成り立たなくなります。さらに一般的なアイドル路線には無理があります。そのため解散かスケールダウンし、地下路線へと戻るしかないのではないでしょうか。

ただ、ここまで書いてみてぼくがみた中で脱退に対する憶測への批判的な意見が少なかったのがなんとなくわかりました。

今の最上もがは、でんぱ組の存在のための間違いなく重要な要素になっています。成り下がっていると言ってもいいかもしれません。

擁護している人たちは、彼女自身が個人で持つモノを理解し、でんぱ組というカセの外でもっと大きくなれることを信じているのでしょう。

なるほど。

しんぺーはこう思った。

とはいえ、ぼくは最上もががいないでんぱ組も嫌だし、でんぱ組が解散するのも嫌だ。まだLIVEに行ったことないし、しかも行くにしてもそんな悲しことになるかもしれないLIVEになんか行きたくない。

辞めないで欲しいし、解散もしないで欲しい。

メンバーが抜けたグループのファンはどうやって乗り越えたの?改めてLIVEは行けるときに行かないと一生後悔すると思った。

実際どうなるのか全くわからないけど、でもそんな噂が立つくらいなら心配してしまう。。。

といったところで本日は以上です。
おやすみなさい。

そして、また明日。

-でんぱ組
-

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.