最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/11/19@新木場スタジオコースト

個人的には久しぶりのスタジオコーストで、4月ぶりでした。また今回のツアーでは前回のホール公演以来で、また違った演出や感じ方が得られるであろうと期待していました。結論、激しすぎて記憶が全くない!なので覚えている、思い出せる範囲でのレポになります。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」2019/10/10@大宮ソニックシティ

本日も行ってまいりましたDIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」の大宮公演。個人的には、大宮ソニックシティは初めての会場になります。なんとなく埼玉って、さいたまスーパーアアリーナとかHEVENS ROCKのイメージがあってちょっと遠いイメージがあって小旅行くらいの感じでいつも埼玉にきていました。が、そんなこともありませんでした。あとNACK5ってのスタジオってここにあるんですね、知りませんでした。 ということで本日は大宮のライブレポです。

ReadMore

市原市市民会館

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」-a knot only-2019/10/5@市原市市民会館・大ホール

個人的には半年ぶりのDIR EN GREYでした。また、ライブ自体も4ヶ月ぶりなのでホールでゆっくり全体感を見るかーと思っていましたが、そんな余裕なく、ひきこまれ、気がつけば頭を振り尽くし、疲れているのに興奮で眠ることができませんでした。

ReadMore

no image

2020/5/24

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19 「The Insulated World」2019/4/16@新木場スタジオコースト

新木場スタジオコースト2日目、個人的には本ツアーのラストでした。昨日よりもさらに盛り上がりのあるライブで押しもかなり強く目の前にいた背の高い男性数名が一瞬で消失しました。

ReadMore

ブログ、雑記

CDがオマケかどうかを決めるのは作り手。

NoGod団長のInstagramでの投稿を見て、そこから派生して感じたことを本日は書きます。はじめに書いておきますが、団長の投稿とはあんまり関係なくて散発な内容で結論は特にないです。ハヤカワ五味さんの魅力をお伝えしたかっただけかもしれません。それでは行ってみましょう。

画像の真偽はおいといて、非常に難しい問題だ…! 俺はこうみえて音楽は真剣にやっているつもり。 でも俺はアイドルの握手会に行くときも真剣なんだ…! でもおれは、音楽が好きでもない人のCDは買わないし、そもそもファンにならん。 結局、そのアーティストが音楽やライブ、その人の存在込みで好きじゃなかったら握手会には行かないと思う。 そりゃ握手したいために1枚持ってりゃ充分のCDを何枚も買ってる人も沢山居るでしょう。 それは単純に愛なんじゃないかと思う。 愛がなかったら金なんか払わない。 ただ、沢山買った同じCDを捨てないで、まだ聴いたことない人とかにあげてくれれば、またいつかそこに何か生まれるかもしれない。 うーん、何が言いたいかわからなくなってしまったが、 NoGoDのニューアルバムが3/30に出るので、 インストアイベントとかもやるから、 良かったらCD買ってねって事で(^ω^)(笑)

NoGoD 団長さん(@dancho_nogod)が投稿した写真 -

オマケなしで作品を購入するパターン

ぼくは、でんぱ組というアイドルが一昨年の年末あたりからずっと好きなんですが、楽曲から入って好きになりました。W.W.Dって曲の歌詞を聴いて、いたく感銘を受け、いっきに好きになりました。

それまで自らの生い立ちに根ざしたアイドルってぼくの目に止まった中ではいなかったので、とても新鮮でした。

つまり、自分たちがオタクであり秋葉原をバックボーンにしており、さらにそれぞれいじめられっ子、引きこもり、サブカル女、アニオタ、生主等々。自分のコンテキストを全面に押し出しているアイドルです。

調べていくうちにどんどん引き込まれました。握手会とかLIVEにはまだ行ったことないけど、曲が好きなのでiTunesで購入したりしてます。

オマケなしでも楽曲を購入するパターンです。

来月アルバムでるー

by カエレバ

作品もほしいしオマケもほしいし全部ほしいパターン

DIR EN GREYです。完全限定盤に握手券ついていれば買いますし、タワレコ予約限定でトークショーあるなら昼休みに走っていきますし、何が何でも手に入れて楽曲も聞くしオマケもいただくパターンでございます。

説明不要で自分の身体の一部というか存在証明の重要要素だと思う。

オマケも作品も関係なくほしいパターンです。

オマケなしで作品も買わないけど支援するパターン

それとは別で、作品を購入していないけれども単純に応援したいなと思う人もいます。

それがハヤカワ五味です。

ハヤカワ五味とは2016年3月現在で若干20歳にしてデザイナーであり、自分の立ち上げた会社である株式会社ウツワの代表取締役社長。本名は稲勝 栞(いなかつ しおり)

バストの小さな女性向けのランジェリーを考案し、“feast by GOMI HAYAKAWA”として制作、販売している。

どこかで読んだことの抜粋をまとめる

海に彼氏といった時に胸が小さいために水着の脇から中身が見えてしまい、それが酷く嫌だった。そのため胸が小さい人のためのランジェリーだったり、水着を作りたいと考えた。また制作にあたっては、大手の下着メーカーと工場がバッティングしないようにTシャツを製造するラインを押さえ制作。その結果、Tシャツの様な着心地のブラジャーが誕生した。

彼女を応援したくなる点は、少女が強大な敵に立ち向かうチックなその感じ

大手のアパレルメーカーやマスコミや騙そうとする大人やら自称起業家たち

それに対して毅然と相対する様はジャンヌダルクやナウシカの様な雰囲気を感じる。今ほど話題になる前から知ってフォローしてたけど、ナウシカを見守る城爺たちみたいな感情をいだいている。

ぼくは男なのでハヤカワ五味氏の作品を買って支持したりできない。(できるけど)そこで、彼女のnote(有料のブログ購読サービス)を購入したりしてる。握手券がついてるわけでも実際に会えるわけでもないし、会って何か話したいわけでもない。純粋に支持している。そんな感じです。

だから作品も買わないしオマケもないけど支援したいパターンです。

結局どっちをオマケにするかは作り手側が決めること

冒頭の話に戻るけど、どれも好きなものへの支持表明の態度なわけで、どちらがオマケでもいいんじゃないかと思ってる。

好きな態度の結果、誰がどこにどれくらい課金するか決めればいいだけの話。どちらを本文に持ってくるかは作り手側次第。ファンにとってはどっちがオマケだろうと関係ない。

むしろ、購入や支援自体を愛情表現や支持としてすり替える方がタチが悪いと思う。

「買ってくれないと活動継続できないから、買ってください」「みなさんの愛です」とかね。ニワトリタマゴじゃないけど、何が目的で表現活動してるのかをそういう人たちは見つめ直した方がいいと思う。買ってもらえないのは何かしらの問題があるんでしょ。世の中には買ってって言わなくても支援したくなるような人もいるわけなんだし。

オマケは感謝の印なのか、オマケで人を呼ぶのか

逆に作り手側にそれを問いたい。

CDがオマケかどうかを決めるのは作り手。いい加減聴き手に責任押し付ける議論やめろ。

と言ったところで、本日は以上になります。

おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-ブログ、雑記
-

© 2020 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5