最近のDIR EN GREYのライブレポ

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKY Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

2020/5/23

【ライブレポ】DIR EN GREY TOUR19「This Way to Self-Destruction」FINAL 2019/11/20@新木場スタジオコースト

始まった時はまだ暑かったと思いますが寒くなってきた今日この頃、DIR EN GREYのTOUR19「This Way to Self-Destruction」もついにファイナル。セミファイナルの19日とは打って変わって、激しいながらもどの曲も歌い上げ素晴らしいライブでした。

ReadMore

iPhone

iPhone6 Plusをポケットに入れてLIVEに参戦してきたぼくの感想

Appleの発表会が驚くほどの驚かなさで驚いています。しんぺーです。あたらしいiPhoneが出たということで機種変する人が多いだろうと思います。ということで本日は、サイズ感を中心にiPhone6 Plusを半年間使ってきた感想をご紹介いたします。あたらしいiPhoneをどれにしようかと悩んでいる方がいましたら参考にどうぞ。

iPhone6 Plusを半年つかった感想

発売当初はiPad nanoとか言われてその使い勝手が疑問視されていました。さらにAndroid端末の画面が大きくなる中でAppleがそれに追従する形になっていたのも不評の一端でした。

そんなiPhone6 Plusでしたが、ぼくは半年ほど使ってみてこれにして正解だったと強く感じています。

また、後述しますがLIVEでも男なのでとくに収納に困ったりすることはありませんでした。スキニーではないパンツを履くため、前ポケットに入れても、とくに気になりません。おそらく後ろポケットに入れても問題はないでしょう。

じゃあ普段使いはどうなのかという点ですが、メリット・デメリットに分けてご紹介します。

メリット

画面が大きいこと

それが最大にして最高の魅力です。はっきり言って、もう小さな画面に戻ることはできないでしょう。

この魅力を感じるには店頭で触ってみたりしても、すぐに感じることはできません。1週間、最低でも3日間使ってみて、そして前の小さなiPhone5Sの画面をみて驚愕。

「これ、おもちゃですか?」

今まで、よくこんな小さな画面でネットしたりメール打ったり、ゲームしたりしてたな・・・

間違いなくでかい画面は正義です。

デメリット

画面がでかいのが正義だったとしても、スマホ自体が大きくなることが正義かどうかはわかりません。

正直握りにくいですし、落としやすい気もします。
しかも画面がでかい分、落としたときに衝撃を食らう面がデカいため、割れる確率は高いんじゃないかと思います。

さらに、ラウンド加工でガラス面のフチがおしゃれな曲面になっています。
バンパーやケースをつけてガラスフィルムをつけても、少しだけスキマができてしまうため、そこをヒビが入る事案が非常に多いようです。

また、大きくなったことでポケットに入らなかったり、胸ポケットから落ちやすかったりと、人によっては収納面で今までと全く異なった管理方法をする必要があると思われます。

とくに、バンギャの方はホットパンツだったり細身のパンツだと思いますので、間違いなく前ポケットには入りません。女性だと後ろのポケットに入れるのもおすすめできません。

ということで最大のデメリットは、サイズが大きいこと

こんな人にはおすすめ

ネットやゲームをよくする人、通勤通学時間が長い人は、ぜったいiPhone6 Plusおすすめです。

ただし、ポケットに入らないので、
バンギャは絶対買っちゃダメです。

あと対応しているカワイイケースもあまりありません。たいていiPhone6用です。巨乳ほどブラに困るみたいな!知らないけど

ちなみに、落下防止と使い勝手の向上のためにバンカーリングは必須です。寝る時にノーブラだと垂れるのと同じ理論ですね

by カエレバ

ちなみに、サイズ感に関してはこちらの記事を参考にどうぞ
「バンギャ死活問題。iPhone6とiPhone6Plusの大きさ比較検証。ポケットには入るのかしら?」

iPhone6S、iPhone6S Plusは買いか?

さて、ここまで読んでいただければLIVE行く人にはiPhone6SとiPhone6S plusなら、6Sの方がいいということがお分かりいただけたかと思います。

ちなみにスペックなどについても少し触れたいと思います。

ただ先日のApple発表会をリアルタイムで見ていましたが、正直「んー」という感じでした。別に目新しいこと何もないし、不要とも思える機能がついただけです。

スペックと機能

スペックの表とか数値とかを書いてみてもイマイチわかりにくいので、新しいiPhoneでできることなどを書きます。

iPhone6S、iPhone6S Plusは16G、64G、128Gで色はシルバー、スペースグレー、ゴールド、ローズゴールドの4種類。

ローズゴールドという色が初めて登場しました。カワイイ女性向けの色です。

中のチップの性能があがって、さらに高速な電波に対応しました。

カメラの性能があがり、インサイトカメラ・バックカメラともにより綺麗になりました。4Kビデオの撮影ができるようになりました。さらに、写真撮影時の前後数秒を動画として

そして、3D Touchと呼ばれる新しい機能を搭載。タップの押し込みの強さを判別して動作してくれます。

さて、ここで考えて欲しいのが上記のスペックや機能が果たして本当に必要なのか?ということです。カワイイ新色を試したいのなら迷う必要はありません。

ただし、わざわざ高い金額を払ってまで新しいiPhoneにする必要がありますかね?

その分遠征費に回すなり、チケット代にとっておくなりした方がよいのではないでしょうか。

まとめ

ここで一つ提案があります。新しいiPhone6Sやplusに変える必要性に疑問を持つなら、いっそのことSがつかないiPhone6にするってのはどうでしょうか?

今ならきっと機種代0円とかあります。叩き売りの状態です。
なんならキャッシュバックがつくお店もあるかもしれません。

ポケットにも入る。それでいて、それなりに画面が大きい。

iPhone6がおすすめです。

ちなみに新機種の予約はすでに始まっています。

と言ったところで本日は以上になります。

おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-iPhone
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5