最近のDIR EN GREYのライブレポ

no image

2021/6/6

【ライブレポ】DIR EN GREY「疎外」2021/6/5@東京ガーデンシアター

DIR EN GREYのライブに参戦したのはどうやら18ヶ月ぶりくらいっぽいです。 前回が2019年11月20日の「This Way to Self-Destruction」のツアーファイナル(新木場スタジオコースト)で、そこからはライブが開催されていなかったので、爆音上映会やオンラインのライブを除いては実に長い間ライブがない状態でした。 目次1 ライブレポ2 セットリスト3 TOUR21 DESPERATE4 しんぺーはこう思った。 ライブレポ というか感想、というか思いの丈です。 結論を先に書くと や ...

ReadMore

USEN STUDIO COAST

2021/3/11

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/03/10(第1部)@USEN STUDIO COAST

今日は個人的に、2月の時と違って色んな胸のつかえがなくて、楽しむことができました。 よりライブ感を感じられて、自分が刹那に生きていたのを思い出しました。 あとコーストの名称が変更され、USEN STUDIO COASTとなったみたいですね。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 「鹿鳴館はどうでたしか?」2.2 「新アー写はどうでしたか?」2.3 「1年3ヶ月ぶりのライブですが、ガーデンシアターの意気込みは」2.4 グッズ紹介2.5 「最近見た映画は?」2.6 「ハマっているアイスは?」2.7 ...

ReadMore

2021/2/19

【レポ】DIR EN GREY爆音上映会『目黒鹿鳴館GIG』2021/02/16(第1部)@KT Zepp Yokohama

本日から始まったDIR EN GREY爆音上映会「目黒鹿鳴館GIG」、初日のKT Zepp Yokohamaに行ってきました。 本日はそのレポートとなります。また、映像に関してはネタバレしないように内容については言及しません。さらにメンバー登場のトーク部分に関しては、後半の方で予定があって退出したので、ファンからの質問部分は割愛しております。 目次1 目黒鹿鳴館GIG2 トークイベント2.1 (鹿鳴館は)どうだったか2.2 新曲について2.3 グッズレビュー2.4 質問コーナー3 新曲「朧」4 しんぺーは ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/18@Zepp Namba

DIR EN GREY爆音上映会の二日目Zepp Nambaのレポートです。ぼくが参加するのは全日程のこの日まででした。 目次1 本編とMVで改めて感じたこと1.1 MVについて新たに感じたこと2 メンバートークイベントのレポート3 しんぺーはこう思った。 本編とMVで改めて感じたこと 全世界的に苦しい状況にあると思います。 多くの人が苦しみ、そして自ら命を絶つ場面もこれからさらに増えていくんだろうなと。 じゃあそんな時に自分は何ができるのか? 過去、大震災の時もおそらくDIR EN GREYはその回答に ...

ReadMore

2020/12/20

【レポ】DIR EN GREY 爆音上映会『The World You Live In』2020/12/16@Zepp Nagoya

機材トラブルとのことで、開場が押しました。14:15くらい?に開演。 映像は放送時のままで流されるのかと思ってたら、編集してありました。しっかりと見せ場を逃さないようにガッチガチにカッコいい映像でした。今思うとDIR EN GREYのライブに最後に行ったのがもう1年以上前で、久しぶりにDIR EN GREYのリアルイベントでした。本日は爆音上映会『The World You Live In』のZepp Nagoyaのレポートです。 ちなみに当時のライブレポがこちら 目次1 爆音上映会『The World ...

ReadMore

no image

2021/7/17

【ライブレポ】DIR EN GREY 「The World You Live In」2020/3/28@HOME

本来であればDIR EN GREYのTOUR2020「疎外」の初日にあたるKT Zepp横浜公演が行われるはずだったこの日。新型コロナウィルスの影響により、いくつかのライブ日程とともに延期となった。 また、週末は東京都から外出自粛要請が出され、それに呼応し関東の東京都周辺県からも東京への外出自粛要請が出された。 個人的には2月のsukekiyo公演を見送り、DIR EN GREYまでおあずけの状態で、久しくライブに行っていない。 メンタルも崩れ出し、なんとなく自暴自棄になりはじめていた。その変化は顕著で、 ...

ReadMore

no image

2020/5/22

2019年ライブ参戦歴振り返り

2019年ライブ参戦回数12回。今年も自分の中ではわりと頑張ってライブ行けた感じがしてましたが、思ったほどではありませんでしたね。来年はどれくらいのライブにいけるのでしょうか。一応当選してるチケットの枚数だけでいうと9公演分、あとはDIR EN GREYのぴあホールMMの2daysがあるので、もし全部行けるなら夏前には今年分いけることになります。まぁそうはならないと思いますが。ということで、今回は2019年の振り返りです。

ReadMore

2020/5/24

【DIR EN GREY】TOUR19 This way to self-destruction

DIR EN GREYのツアーが終わりましたので振り返りと感じたことをまとめたいと思います。 今回行われたツアーは2018年9月に発売したアルバム「The Insulated World」の一端であり、アルバムの一部と言っても過言ではないシングル「The World of Mercy」の世界観を知らしめたツアーでした。

ReadMore

apple

他人とつながるためのツール、それが「AppleWatch」だ

ついにでます。待ちに待ったジョブズ亡き後、初めての「one more thing」であるApple Watch
その発表会が昨日あり、正式に詳細が発表されましたので本日はそのまとめです。
ハローしんぺー(@s_s_p_y )です。

オフィより詳しくて、wikiよりも有用なsukekiyo情報サイト
「Gadget Zombie Parasite(ガジェットゾンビィパラサイト)」へようこそ。


過去の発表会まとめはこちら

WWDC 2014リアルタム更新中

Apple発表会リアルタイム更新

Apple Watchのモデル別の価格

モデルはかねてより発表されていました3タイプ。それぞれ大きいサイズ42mmタイプと小さいサイズの38mmがあります。

Apple watch sports

applewatch_sport

アルミ製です。運動時に装着することを主眼においた時計で、バンドの部分はおそらくゴムのような材質と思われます。

金額は3タイプの中で最も安く、38mmタイプは42,800円 42mmタイプは48,800円

本体はシルバーとスペースグレーがあり、バンドはホワイト、ブルー、グリーン、ピンク、ブラックがあります。

Apple watch

Apple watch collection

スチール製です。これが標準のモデルのようです。
こちらもシルバーとスペースグレーがあります、さらにバンドがかなり豊富にあり、それにより価格が上がるようです。

価格のレンジは次の通りです。
66,800円
71,800円
77,800円
83,800円
89,800円
113,800円
126,800円
132,800円

一番価格が低い38mmのスポーツバンドと一番高価な42mmスペースブラックリンクブレスレットで倍の差があります。

Apple watch EDITION

Apple watch EDITION1

金です。おそらくAppleが素材に金をちゃんと使用した初めての製品です。
完全ラグジュアリー仕様で、価格も一番安いもので1,280,000円します。
タイプの違いによる価格はこんな感じです。
1,480,000円
1,880,000円
2,180,000円

発売日と地域

予約開始日と発売日

予約開始が4月10日
発売が4月24日

地域による販売日に関して

スクリーンショット 2015 03 10 3 31 28

中国、日本も同じ日に発売されるようで、懸念されるアジア圏転売ヤーの動きはなさそうです。

しんぺー はこう思った。

正直、発表前はほしいい!!!絶対買うと思っていました。

でも、説明が進むにつれて絶対いらないと思ってしまいました。

なぜか

iPhoneはぼくにとって独りの時間を過ごすためのツールです。それに対してAppleWatchは他人とつながるためのツールです。

それにLINEやTwitterの通知が時計に来たところであまり便利だとは思いません。さらに、イラストを送ってコミュニケーションを取るのも、コミュニケーション取る相手がいません。

このように、AppleWatchの機能は相手がいること前提なのです。

だからでしょう。一気に冷めてしまいました。

さらにAppleWatchはプロダクトとして大きな矛盾をはらんでいます。

それはガジェットであるがゆえに寿命が短いのに対し、時計として半永久的に価値があるものとして売り出しているわけです。

つまり高価なものであるにもかかわらず、その寿命は新製品が発売されるまでの1年間と極めて短いのです。

Appleがこの矛盾をどのようにクリアするのか、さらに通知以外の用途が生まれるのか、そしてその先にスマホのように多くの人が持つガジェットなり得るのか。

少し静観したいと思います。

と言ったところで本日は以上になります。おやすみなさい。

感想を評価お願いします!

  • この記事を書いた人
しんぺー

しんぺー

ハロー。しんぺーと申します。 LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

-apple
-

© 2021 私のカワイイトラとウマ Powered by AFFINGER5