私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREY・sukekiyo・ガジェットとかのブログです。

apple

#2:古いmacからHaswell搭載新型Mac book pro Retina版にデータ移行する方法

更新日:

timemachineの設定方法前回開封の儀とMac特有のあのニオイがしないってことをお伝えしましたが、今回からは母艦として使うための設定についてです。

スポンサーリンク


 
 

母艦として使うなら、まずは古いMacからデータを移行させなければなりませんが、いくつか方法があります

  • ケーブルを使う
  • DVDなどの媒体に一旦データを落とす。
  • time machineを使う
  • 今回は、time machineの復元機能を使ってデータを移しました。

    time machineとは•••

    timemachineの設定方法

    Macに外付けのストレージを接続することで利用できるバックアップ機能です。
    windowsなどの復元ですと、ある時点のPCの状態に戻すというのが一般的かと思います。つまり全部のデータのバックアップをとって、戻す時も全部のデータを上書きするわけです。

    しかし、Macのtime machineは違います。まず全部のデータのバックアップをとったら、あとは時間がくると自動的に変更があった箇所のみを記録して行くのです。
    しかも、古いものに上書くわけではないので、ある時点のあるファイルのみを復活させたいとかってわがままがきくのです。

    要はだな・・・あれだ。windowsがほむらちゃんだ。

    そのまま過去に戻って、もう一度やり直すわけ

    で、time machineはおかりんだ。

    過去の一部に戻ってって

    ・・・違うか。。。。なんか違うな・・・・違うわこれ

    はい,次

    time machineの設定方法

    まずは古いMacに外付けHDDを接続してtime machineを発動させます。起動すると画面上部のバーにアイコンがでますので、そこからバックアップをとります。
    2013-11-06 0.39 のイメージ

    最初のバックアップは時間が結構かかります。ぼくは、データが1T近くありましたので丸1日かかりました。
    ちなみにこれを使っておこないました。

    次に新しいMacにHDDを接続します。そして初期設定画面から設定を続けていくと、バックアップから復元するするか聞かれます。
    そこで、直近のバックアップデータを選択して復元しましょう。

    場合によっては、アルバムの中身が移動出来てないとかありますので(ぼくがそうでした)、それについては直接データを移動させましょう。

    はい、これで終了。

    しんぺーはこうおもった。

    毎回パソコンのデータ移行の時に思い出すのは義体換装に似てるなって

    データを引継つつ、新しい肉体へと入れ替わるのです。

    にしても、time machineは設定しておくとこういう時だけでなく、突然のデータ破損などにも対応できます!ゼッタイに設定しておくべきです。
    HDDも値段が下がってきてますので、多少出費になったとしてもバックアップ用に買っておいていいでしょう。
    修理代や、ましてデータはプライスレスです。思い出や自分を構成する要素そのものです。

    といったところで本日は以上です!

    • この記事を書いた人
    しんぺー

    しんぺー

    ハロー。しんぺーと申します。
    LIVEにいくのが好きなバンギャです。男ですが。DIR EN GREYとsukekiyoの東京公演にはだいたいおります。主にLIVEレポやガジェット関連のことをブログに書いております。フォローいただけますと幸いです。

    -apple
    -

    Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.