apple

『いまさらだけど』Apple Watchを1日付けてみた感想「絶対いらない」

更新日:

今年か来年には次のモデルが発表されるのではと言われているApple Watch。そんなApple Watchを借りて1日付けてみました。その時感じたことをご紹介します。

スポンサーリンク

『いまさらだけど』Apple Watchを1日付けてみた感想「絶対いらない」

結論からいきましょう。

Apple Watchは間違いなく「ぜったいにいらない」ガジェットでした。

その理由については以下の通り

機能が中途半端すぎる!Apple Watchのココがダメ

圧倒的にダメ。時計としてもウェラブルガジェットとしても中途半端すぎる。正直ファッションであり、贅沢品でしかない。

基本機能「時計」の表示機能がダメ。文字盤表示までラグがある

時計を見る時は腕を水平以上に傾けなければいけないのですが、人体の構造上無理矢理な角度です。

それにいちいち起動させないと見れないから、人との会話中にチラッと見たりとかできない。非常に不便だし、それって腕時計としてどうなのという印象です。

アプリがダメすぎる

とにかく起動が遅い。

遅い遅すぎる。とにかく遅い。起動しようにも数秒待たないとレスポンスないし。とにかく遅い。

遅い上に操作しづらい。

あんな小さい画面を触らせること自体が間違ってる。使えるアプリが少ないとかよく言われるけど、そりゃハードとして使いづらいんだから開発者もアプリ出さないでしょう。

あと通知がこないことが多い

iPhoneの通知に特化してるはずなのに、通知が来る時とこない時がある。しかもLINEやメールなんか通知だけ来ても、返信自体は結局はiPhoneでやらなきゃいけないんだから、全く意味なし

改善されても圧倒的にいらない理由

それはもはや腕時計そのものが不要だから

身の回りに時間を確認する方法はいくつもあるし、スマホも常に身の回りにあるわけですし。そしてスマホの方が圧倒的に使いやすいし機能もいろいろあるわけですし。

あと腕時計した状態でオシッコってしずらいなって思った。いやマジで。

やはり進化の過程として腕時計は不要になったんだとすら思うくらい邪魔。

ここだけは思ってたのと違った。

言われていた程電池のもちは気になりませんでした。1日つけて帰ってきてもバッテリーの消費は半分で済みました。ほとんど操作しなかったのも一因だと思うけど。

しんぺーはこう思った。

そもそも、ぼくがウェアラブルガジェットに対して期待していることとApple Watchに期待していたことが異なることに気がついた。
ぼく自身がウェアラブルガジェットに期待してることってログを取り続けてくれること。たとえば運動量だったり、睡眠時間や環境、移動距離やGPS、はたまた心拍や血圧、血糖値とか。その辺の数値を正確に算出してくれることを期待していた。

一方Apple Watchに期待していたことは、ログをとってくれることに加えて様々なアプリをより便利にしてくれること。つまりiPhone機能の拡張を期待していたわけ。しかしながらフタを開けてみたら、機能の拡張ではなく、ちゅうとはんぱな機能の増設(通知機能)だった。

だいたいログを取らなければいけないガジェットを毎日家に帰ってきて、外さすことがおかしいと思う。
ということで、Apple Watchに期待しすぎてたのが全部覆された。

ポケモンが近くにいる時に教えてくれるとかいうアプリが出たらつけてもいいと思うけど、、、

-apple
-

Copyright© 私のカワイイトラとウマ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.