私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREYとsukekiyo、あとはiPhoneとかぼくが好きなガジェット・webサービス関連情報のブログです。読んだ誰かのためになってたらウレシイです。

ポケモンGO

ポケモンGOの致命的欠陥について考えてみた。

投稿日:2016年7月30日 更新日:

ポケモンGOが日本でリリースされてから1週間以上がたった。地球規模で大流行し、ぼくも毎日楽しくプレイしております。プレイすればするほど、なんだか。昔の初代ポケモンを思い出して、そっちがやりたくなる衝動に駆られます。それと同時にぼくがなぜ初代ポケモンをプレイしなくなったかを思い出しました。今日はそのことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

ポケモン発売時を振り返ると最初から大流行してた感じはしなかった。

「私のポケットモンスターと、勝負しない?」

それが当時のテレビコマーシャルのキャッチフレーズ

通信ケーブルで取り替えっこ。赤を買うか緑を買うかちょっと違う。

かなりキャッチーなCMで、ゲーム内容もよくわからなかった。なんていうか当時からレトロ感が出ていた気がする。電子音のポケモンの鳴き声やあえてゲーム画面をあまり流さないコマーシャルに、一種のサブカルっぽさもあった。とりあえず赤を買ってプレイした。当時の意識は思い出せないけど、なんとなくからそのまま一気にはまってずーっとやるようになった。

ゲームボーイを持っていた人がそもそも少なかったのか、周りで流行していたかというとそうでもない気がする。クラスにはぼくともう1人しかいなかった。

なので、ぼくとは違う色を買った従兄弟とトレードやバトルをやっていた。

ポケモンの魅力は「集める」「育てる」「戦わせる」の3点だと思う。

ポケモンのターゲットは間違いなく男児だった。その当時から見て昔でも、カブトムシやクワガタを採ってきて相撲をさせたり、さらに昔はベイゴマでバトったり。メンコとかも。そして勝てば相手のものをもらえたりするルールもあったときく。ぼくも幼稚園の頃はガンダムのカードを集めて交換したりしてたし。男児には蒐集癖があり、集めたものを見せ合ったりして価値を競うのが好きなのだ。それをゲームボーイ上で再現したのがポケモンだった。

また上手いのが、ストーリーを進めるだけじゃ全種類絶対に集まらないこと。進化のために交換が必要だったり、赤には出ないけど緑には出るモンスターがいたりして、1人じゃクリアできない仕様になっていた。

そして集めたモンスターと冒険して、育てていく。強い敵と戦いレベルアップしていくと、モンスターはやがて「進化」する。その様は、進化というよりも変態に近い。要は可愛かったモンスターがだんだんと強くカッコよくなっていくのだ。そしてより強力な技を覚えてより強い敵を倒せるようになる。少年マンガのセオリーと一緒。

最後に「戦わせる」について。通信ケーブルを使うことで他人とポケモンの交換ができる。それとは別に戦わせることもできるのだ。各ポケモンは種類によってそれぞれ属性がある。水タイプやくさタイプなどだ。そして、それぞれ苦手なタイプや相性がいいタイプがあり、それによりダメージ量が変わってくる。相手の手札を読んで、ポケモンを入れ替えたりする戦力性も試される。それがポケモンでのバトルだ。物語をある程度進めると今度は対人戦が楽しくなってくるのは、今のゲームにも通じるところがある。

と、ざっと振り返ると初代ポケモンはこんな感じだった。

パラメーター遊びの選別がぼくにポケモンを飽きさせた。

めちゃくちゃハマってたポケモンだけど、ある時を境にぷっつりとやらなくなった。

全クリしてひたすら従兄弟とのバトルを繰り返すようになってからだ。
従兄弟はかなりストイックで、ポケモンの選別とドーピングのためのリセマラを繰り返すタイプの人だった。

初代ポケモンはレベル100までが上限だった。そのためレベル100になるまでに、どのように育てたかで上限に達した際の各ステータスの開きが変わってくるのだ。例えばレベル5のポケモンが2匹いたとする。攻撃力が片方は5、もう片方は8だとする。この3の差が将来大きくなるのだ。

そして、薬を使った基礎能力のドーピングだ。この薬を使うと1~3とランダムで変化するのだが、ここでも将来的なステータスの開きを気にして最高値がでなければひたすらリセットをしていた。

対してぼくは自分の好きなポケモンをひたすら集めて育てて愛でていた。ぼくはゼニガメ系が大好きだったので、パーティ全部をゼニガメにしたりしてた。

そして、対応が異なる二人だ毎日の様に対戦をしてたわけだが、ぼくがそんなストイックな人間に勝てるわけがない。ぼくの愛でたポケモンは彼の育てたポケモンに瞬殺される日々が続いた。

やがて、ぼくはポケモンをやめた。。。

ただのパラメーター遊びになってしまったから。

ポケモンGOは今のままだと当時と同じになり、このままだと1ヶ月で死ぬ。

ポケモンGOにはポケモンの重大な要素が欠けている。それは「育てること」

「集める」「戦わせる」しか表現できていない。その「戦わせる」も微妙なバトルしかできない。ポケモンバトルといえば、柔よく剛を制す属性バトル。格下のポケモンが隠した必殺技を繰り出して格上の相手を倒す緊迫感が醍醐味だ。

今は単なるパラメーター遊びでしかない。

また、そうなってしまった原因は主人公がポケモンではなくあくまでユーザーであるということ。つまりユーザーレベルのせいだと考えている。

ポケモンのレベルではなく、あくまでユーザーが主人公なのだ。だから思入れのあるポケモンを育てるという概念が存在しないし、システム的にと成立しないのだ。

さらに集めたポケモンを手放すことで進化に必要な飴を入手する方法も選別を加速させる要因だ。

でも、そうじゃないだろ?おれたちが夢中になったポケモンは、初めて出会って強いかも弱いかもんからない、でも「きみにきめた!」なんだろ!?

お前がどんなやつでもかまわない!俺はこの冒険をお前と歩むことに決めたんだ!

その熱い思いにおれたちは没頭したんじゃないのか!?

今は単に懐かしさや目新しさでやってる。実際にそこそこ楽しい。でもそろそろどうにかしないとダメだろう。こんなの1ヶ月ももたないことは明白だ。

しんぺーはこう思った。

とまぁ書きながらなんか涙ぐんで泣きそうになりました。。

次回の大きなアプデがいつになるかはわからないけど、交換機能が着くらしいけどどうなるのか。。。出会い系アプリの側面が強くなりそう。ナンパとか。。まぁでも交換できたら楽しいよな。

そして多少もっさりしていいからターン制で対人できたらいいのに!技ありきで。そうすれば完全なポケモンの世界が再現できる!

といったところで本日は以上になります。
おやすみなさい。

-ポケモンGO
-

執筆者:

関連記事

tb_pokemon

ポケモンGO次回アップデートに向けてポケモンハートゴールド始めました!

ポケモンGOがアップデートにより新たにポケモンを追加するとかしないとかって噂があります。ぼくはポケモンは赤緑青しかやったことがないので、予習の意味をこめて金を買ってプレイしてみることにしましたー!

IIMG_5075.JPG

【ポケモンGO】ワンリキーの巣になった上野恩賜公園行ってきた!

国内コンプまであと2種!カイリキーとラッキーのみ!!ということでワンリキーの巣になっている上野恩賜公園にいってきました!

tb_pokemon

ピッピの巣となった日比谷公園とケーシィの巣となった芝公園行ってきた

まずは巣の状況の前に、初めて巣を攻めた感想を聞いてください!ポケモンGOの現在の進捗は130種。コンプリートまで12種。ラッキー以外は飴玉を集めるだけ!

tb_pokemon

【ポケモンGO】新宿中央公園シェルダーの巣に変わる!

どうやら今朝方、ポケモンの巣に変更があったようです。カブトの巣だった新宿中央公園は、今やシェルダーの巣となっておりましたー!公園の状況をお伝えします。

IIMG_4950.PNG

【ポケモンGO】メタモンの見分け方!

出たなコラッタ!お前がメタモンか!?いやポッポお前か!?ズバットてめーだろう?おい!どこにいるんだ!!!メタモンやーい!!!