私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREYとsukekiyo、あとはiPhoneとかぼくが好きなガジェット・webサービス関連情報のブログです。読んだ誰かのためになってたらウレシイです。

トラウマ

好きなものを好きで何がわるい

投稿日:2015年10月29日 更新日:

好きなものを好きで何がわるい。

これは、この世界からぼくが守ってきた自分である証だ。勝ち得てきたものだ。誰にも冒涜する権利はない。

スポンサーリンク

会社で趣味とか聞かれた時にDIR EN GREYが好きですというと驚かれる。そして付け加えて「好きなものがあっていいね」と言われる。

大人になると一般の人は趣味が減るらしく、仕事が中心になるのか、もともと依存するものがないのか、どうも「好き」と人に誇れるものが少ない人が多いみたい。もちろん、自分の中で好みとかはあるみたいだけれど、命かけてる感じのものはないみたい。

KAZ532 P1000865

それで思い返したけど、ぼくがDIR EN GREYを好きでい続けられるのは、自分との葛藤とか周りからの疎外などを経て、それでも握りしめて離さなかったからだと思う。

好きなものをぼく自身の意志で守ってきたからだと思う。

仕事が忙しいとか、他人からどう見られるとか、そういったものや批判やらなんやら、全部はねのけて自分にはこれがあると胸を張って自分に言える。

その思いは他人に踏みにじられるものじゃないし、戦って勝ち取り続けたものだし

結果、それが揺るぎない自分の一部になってる

だから負けちゃいけない

好きな気持ちを否定することは自分を否定することだから

孔子様も言っている

子曰く、三軍も帥(すい)を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。

意志ある人の心は変えられない。

DIR EN GREYの羅刹国という曲を聴いていてふと勝手に解釈した

なんとなく、他人に束縛されたこの世の中=羅刹国で、他人の価値観に矯正される人間のことを歌ってるんじゃないかと思った。

心持つ者全て無と成り
此れ既に時遅く
全て崩れたり

自分の意志をもたないと断頭台にかけられて矯正される=意志がなくなる

いわゆるビジュアル系を好きな人をバンギャと呼ぶけど、バンギャが使う言葉に「上がる」という表現がある。

簡単にいうと「ファン活動をやめる」こと

そのバンドのファンをやめるのではなく、ファンとして活動をやめて、ビジュアル系から完全に手を引く、というか足を洗う意味に近い。ちなみにジャニーズファンは「降りる」と表現するらしいけど。

統計があるわけじゃないけれど、その理由の少なくない割合を占めるのが「他人からの圧力」だとぼくは思っている。

学校、親、恋人、そして同じファン同士からの圧力

それで上がったり降りたりする。

あと、最近ネットでも親が子どもの趣味嗜好を矯正しようとする話が話題になっていた。

でも、それで負けていいのかってぼくは思います。他人の意志で曲げられた自分の意志。嫌な思いをしたくない気持ちも痛いほどわかるけど。

好きなものを好きでいられる自分であることは、すごい胸を張れることだと思います。

でも、そのためには戦い続けなければならない

ただ、それって独尊の道を行けってことではない

もちろんそう言った方法論もあると思うけど、むしろ現実と折り合いをつけつつ、それでも離さないものこそが「本物」な気がする。

そうじゃないと好きなものが自分の逃げ道になってしまう

それはいずれイイワケになる道

戦うということは傷つくということだし、犠牲を払う必要もある。

でも戦わなければ生き残れない。

20世紀少年にこんな言葉があった。

強いとは弱さを知ること
弱さとは臆病であること
臆病とは大事なものを持っているということ
大事なものを持っているということは強いということ

この世界にたった1人の自分が好きだと言ってる

この気持ちは否定しちゃいけない。

ぼくはこれからも自分が好きなものを好きと思える自分でありたいとふと思いました。

ELL140924069728

-トラウマ
-

執筆者:

関連記事

OHT98_rojiuranonekocyan

惨めさを払拭する方法。そんなモノはない。

いつも惨めな気分でした。他人と比べてできない自分を呪い。なんでこんなダメなんだろうと考えていました。とても嫌な気分。それを消し去りたいとずっと思っていました。今日はそれについて。

bsN612_aretasizaiokiba

先輩の言うことは聞かなくていい

バイトを卒業するときに、来たばかりの叩き上げの店長がこんなこと言ってた。 私には実績があるんですって はぁ。そっすかぁ。と思った。

I26NJ_kanaamitodaremoinaicyusyajyou.jpg

世界には一定数自分を嫌う人間がいるという事実が自分を救う

ぼくは昔から人に嫌われることが多かった。クセがある性格だからか、嫌う人間が一定数必ずいる。 同じような人が必ずいると思う。何もしていないのに、なぜか嫌われる。自分は何もしてないのに、自分だけが嫌われる …

ISHIO151020314541.jpg

自己否定をしたことのない人間をぼくは信じられない。

以前付き合いのあった友人が自己否定をしたことのない人間でした。だいたいは周りのせいにしたり、脊髄反射的に生きていて、目の前に起こった事象にのみ反応する人間でした。それでいて別に頭が悪い人間ではないので …

bs20140323-P3230720

奪われないために武器をもて

3年くらい前まで他人に時間を奪われた感覚が強い とくに会社に奪われた 誰かの意図するようにそこに飛ばされて、そしてそこで全くクソみたいに働かされて 主体的な感覚がないまま何も得ることができず無為に時間 …