私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREYとsukekiyo、あとはiPhoneとかぼくが好きなガジェット・webサービス関連情報のブログです。読んだ誰かのためになってたらウレシイです。

トラウマ

どうせされる誤解とされない理解

投稿日:2015年10月22日 更新日:

昔はよくネガティブとか言われました。けど決して自分ではネガティブだと思ったことはありません。

だってネガティブって後ろ向きな浸ってるアレでしょ?

ぼくそういうのじゃないんで

スポンサーリンク

ネガティブと言われたことがある人ならわかると思いますが

ここ最近の記事が割とネガティブと捉えられてるのかなと感じます。
けど自分の中では決してネガティブではないと思うんです。

ぼくが学生時代に漠然とした不安を感じてその解決のためにやったこと

世界には一定数自分を嫌う人間がいるという事実が自分を救う

惨めさを払拭する方法。そんなモノはない。

個性なんて鼻紙ほどの価値もないと呪った話

で、多分醸し出される雰囲気がネガティブと捉えられるんじゃないかと思います。

記事中に一般にネガティブワードと言われるような言葉が多いのかもしれません。

でも、それでいいと思ってます。

バンギャの方はわかると思いますけど、ビジュアル系の歌詩ってネガティブワード多いじゃないですか。それでもネガティブだと思いますか?

曲を聴いてカタルシスして、LIVEいって生きる活力貰ってるわけなのでそれはネガティブとは言えないでしょう。

その昔、市川哲司氏の著書「私がビジュアル系だった頃」で言ってました。
ビジュアル系とは、自分の隠しておきたい内面を大々的に喧伝する極めてポジティブな行為と

まさにそれだと思います。

ポジティブって要は多数決なんですよね。多数派にそぐわなければ、それネガティブ

どうせされる誤解とされない理解があるからぼくは口をつぐみました。だから高校時代は積極的に友達を作りませんでした。

修学旅行に本を3冊持って行って読み終わりました。

でも、色々なことを経験すると人にどう思われようがどうでもいいかなと思えるようになりました。

このブログを始めた時も同じです。

嫌われる覚悟を持って始めました。

さらにブログのタイトルを変えたのも同じような理由です。

今の自分があるのは過去の出来事があるから、だからそれをカワイイと思ってるからこのタイトルにしました。

しんぺーはこう思った。

何も言わずに耳当たりのいいことだけを発信するならそこにぼくは投影されない。

しかも、言葉で隠してもどうせ滲み出るから

むしろネガティブを否定することこそ究極のネガティブだと思うけど

と言ったところで本日は以上になります。

おやすみなさい。

-トラウマ
-

執筆者:

関連記事

IKAZ532_P1000865.jpg

好きなものを好きで何がわるい

好きなものを好きで何がわるい。 これは、この世界からぼくが守ってきた自分である証だ。勝ち得てきたものだ。誰にも冒涜する権利はない。

no image

世界は優しくなったみたいだけど、他人に仕事を依頼するなら自分の中にある程度答えを持ってないとダメだとぼくは、そう思います。

数年前よりも世界は優しくなった気がする。だいたい4、5年前くらいよりは優しくなった。そう感じたのは、最近社内で上がってくる企画や開発案件に対する周囲の取り組み方が原因だ。 数年前なら中途半端につめた企 …

-shared-img-thumb-DSCF3200_TP_V

死ぬほど死ぬことと生きることについて考えてよかった。

最近実感している、自分には論理的思考工程が備わってて仕事場でそれを発揮できていると。 いや、周りからの評価は知らんけど実感しているだけで。

thumbnail.jpg

新入社員に伝えたいたった一つのこと

ぼくは新人で配属された部署で、承服しかねることに楯突いて散々飛ばされました。

ELFA_IMdG_7928 (1)

踏み絵を課すような人間との関係は断ち切るべき

会社に踏み絵を課すような人付き合いの仕方をする奴がいた。仲良しグループというかつるむグループ作って、休日に遊ぶ約束や仕事終わりのお食事を頻繁に行おうとする奴。元々ほくが人と遊ぶようなタイプじゃないのも …