私のカワイイトラとウマ

DIR EN GREYとsukekiyo、あとはiPhoneとかぼくが好きなガジェット・webサービス関連情報のブログです。読んだ誰かのためになってたらウレシイです。

トラウマ

会社以外で収入を得ると自分を変える自信になるという事実

投稿日:2015年10月4日 更新日:

今、会社とかで今の会社が嫌で嫌で辞めたいけど、辞められないっていう中途半端な思いを抱えて腐ってる人にぼくの実体験をもとに何かヒントになればと思って書きますね。

それは会社以外で収入を得る方法があると見える景色がかわるよっていう話です。

スポンサーリンク


異動させられまくって全く積み上がらないスキル

会社以外で収入を得ると自分を変える自信になるという事実

これは何度か書いてたり書いてなかったりしてますが、ぼくは入社して7年くらいで8回以上の部署異動を含む配置がえにあっています。

原因は色々あったかと思いますが、こうも異動のスパンが多いと専門知識やスキルというものが全く積まれません。そう不思議のダンジョンシリーズと一緒で、死んだらそこまでなんです。せっかく手に入れた経験値やアイテムなんかも、すべて水泡に帰すのです。

そんなだから、当然モチベーションも全くあがりません。

じゃあ、そんな会社辞めちまえよと思うでしょ?

当然、転職活動も何度かしました。
エージェントをつかっておすすめされる面接を受けたり、転職サイトを物色してエントリーシート出したりしました。

でも、スキルがない上に逃げの転職なので受かるわけもなく。また、精神に余裕がない状態で転職サイトなんか見てみても何がいいのかもわかりません。

そうして、生ぬる沼で浸っているような感覚で苦しいけどもがいてももがいても抜け出せない状態が長く続いていました。

当然、昇進なんかもしませんから初任給よりも低い手取りでワーキングプアじゃないですけど、低い収入が続きました。

その時のぼくに必要だったのは、お金かこの気持ち悪さを払拭する何かでした。すなわち金銭面か精神面での解決策です。

そこでまず、ぼくは日夜いろんな金儲けの方法を模索しだしました。

会社以外に収入源を得るための模索

ヤフオク

すぐに思いついたのが、物品の販売です。
学生時代にヤフオクで50万円ほど稼いだ経験がありましたので、その時の知識をとっかかりに色々検索することから始めました。

ちなみに、この50万円とうのは3,4年かけての額なので月にするとほんと数千円とかです。

ヤフオクは、主に「自分が使っていたものでもういらなくなったもの」を売買する場所です。自分が使っていた家電(たとえば空気清浄機や加湿器とか)を自分だったらこんくらいで買うかなという額で売りにだします。

すると大体それの1.5倍くらいの金額で落札されたりします。たまに思いもよらない金額がついたりもします。

そのうち商品の写真にこだわったり、文章にこだわったりして、それが当たると嬉しくなります。

でも、問題は「売るもの」がない場合出品できないのです。つまり在庫がないと売り出せないのです。

ということで、当時のぼくは学生時代にいらないものを放出し尽くしていたので、もう売れるものがありませんでした。

なのでこの手法は断念。

Amazon輸入転売(せどり)

ヤフオクで売れるものがない。だったら仕入れて売ればいい。

商売の基本です。仕入れて、利益を乗っけて売る。

その関連で検索するとひかかってきたのがAmazonの輸入転売ビジネスです。

どういうことかといいますと、同じ商品でも海外のAmazonと日本のAmazonで値段が違うことがけっこうあります。為替の関係を考慮してもだいぶ違うことがたまにあります。

そういった差額が大きい商品を見つけて、海外のAmazonで購入し日本のAmazonで販売するという仕組みです。

これは検索すればするほど色々でてきます。

たとえば、海外Amazonから日本に発送してもらう場合、送料がかかるので「転送業者」と契約して海外Amazonで購入したものをそこに納品してもらいます。それである程度たまったら、それを日本のAmazon倉庫に送ってもらう。で、注文が入ったらAmazon倉庫から自動発送されるとか。

Amazon倉庫って何?と思われると思いますが、実はAmazonの倉庫は個人でも利用できるんです。(ただし、あくまで業者として登録しなければなりません。)するとAmazonが梱包・発送を代行してくれるのです。

ただし、これは面倒くさい上にリスクがあるため断念。

海外サイトをずっと見て、商品差額を見て、関税と送料を計算してそれでも差額がでる商品を〜

とかノイローゼになりそう。

しかも、このノウハウはパッケージ化され情報ビジネスのコンテンツである場合が多く、検索してもやり方よりもノウハウを売ろうとする詐欺まがいのサイトが多くひっかかり、非常にノイズが多い。さらに同じように金儲けしようとする奴らが多いので、差益が出やすいいい商品ほどライバルが多くなります。

完全に血みどろのレッドオーシャン(ライバルが多い業界のこと。逆にライバルがいない業界をブルーオーシャンと言います。)

Youtube

この辺の調査をする際に、ぼくはずっとyoutubeをつけっぱなしで検索してました。

当然youtube上でもそういった知識を動画にしている人がいますので、その辺も徐々に見ていました。

するとビジネスの話と全く関係のない自分の好きな電子機器を紹介したり、カメラの使い方を紹介したりする人たちがいることに気がつきました。

そう、Youtuberです。今でこそユーチューバーとか呼ばれてますけど、当時はまだそこまで市民権を得ていませんでした。どのYoutuberもまだ小さなアパートに住んでました。小さな自室から自分の好きなことを発信してたわけです。

で、調べを進めているとこの人たちの中にはなんと動画の広告費で生活している人もいるとか。

これを見て、後輩に言われたことを思い出しました。ぼくはiPhoneとかガジェットとか好きなので、よく相談を受けて「これがいいよー」とかおすすめをしていました。それをみて

「しんぺーさん、何かをおすすめする仕事につけばいいのにwww」

そうYoutuberはまさにそれでした。自分がいいなと思うものを紹介しておすすめする。

それで買ってもらったり、見てもらったりするとお金が入る。これはすごい仕組みだと思いました。

ただし、ちょっと自分で動画撮ってみて難易度がかなり高いというのがすぐにわかりました。(黒歴史。ちなみに世に出てませんwww)

まず動画という表現はこれかなり難しいです。とくに自分の顔を出してたりすると、まずそこで好かれるか嫌われるかが2分されます。さらに、文章表現と違って、動画はより出演者のすべてがでる気がします。自分の一挙手一投足がすべて視聴者に印象を与える感じです。

高い収益を得るには、長い修行とトライアンドエラーが必要だということがわかり断念しました。とくに、ぼくって人に嫌われるか好かれるかってかなりはっきりしているので、あんまり向いてないかなとも思います。

ブログ

そして最後に行き着いたのがブログでした。

iPhoneとかの情報を得る際に、ブログらしいブログを目にはいつもしてたんですけど、個人で書いてるって気がつかず多分どっかの会社が運営してるんだろうくらいで毎日読んでました。

でも、そこにはブロガーという存在がいるということを知り、さらにブログで生活している人もいるということを知りました。

そこで、これなら自分でもできそうかなと考えて、試しにやってみることにしました。

なんせ、在庫リスクもない。始めるためのコストもほとんどかからない。
そして、自分の好きなものを紹介できる。

これは自分にちょっと向いてるかもと思いました。

番外編「FX」「外国為替」

FXはもうよくわからなかったので少し調べてすぐにやめました。しかも多少の元手がいるので貯金ゼロだったぼくには向いていませんでした。

じゃあ他はないかと思ってたタイミングで円安だったかなんかだったので、為替をやってみようと思いつき、ボーナス10万円を$に替えました。でしばらくして¥にしました。するとなんと手数料とられて元手より減ってましたwwwまじおつかれwww

番外編「株」

いやーもっとも恥ずかしいお話を

ぼくはapple大好きなんでね、まー株を持っててもいいかななんて思ったわけです。

で、きっちり調べて購入したはずなんですよね。

うん、アップルインターナショナルの株をね。

知ってますか?アップルインターナショナル

よく街道沿いにある中古車販売のお店です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにもきかないでーーーーーーいやーーーーーー

商売とは?お金を得ることとは?

さて、いろいろと調べてくると共通した部分が見えてきます。

それは、お金を得る手段=商売の大原則は「他人に価値を提供した結果、対価を得ること」です。

そして他人とは雇用主もしくは客であり、価値とは労働力や商品と置き換えることができます。

いわゆるサラリーマンは、会社に対し労働力を提供するかわりに対価として給料を受け取っています。

個人事業主や自営業だったら客に物品を提供した結果、対価として代金をもらいます。

会社や組織でも同じ構図になると思う。

まれに株取引などのように価値提供がなく、売買のみで差益が発生する場合もあると思いますが、これも対象がわかりにくかったり、間に誰かが入ってたりで不透明になっていますが基本はかわりません。

そして、お金を稼いで生きるということは、「どの手段を選択するのか」「誰に価値提供するのか」ということに他なりません。

話が大きくずれましたが、お金を儲けるだけが目的であれば、こんなこと考える必要ありません。ただし、お金を儲けようと思ったらこれは重要なことです。

考える必要はないけど重要なことなんです。

会社に労働力を提供しているだけではこの事実に気がついきませんでした。

でも、もしかしたら他人に価値提供せずともお金を生み出す方法があるかもしれません。ただ、これがぼくがたどり着いた結論でした。

そして、ぼくは「ぼくの知り得た情報をネットを使って発信して、価値提供をして対価を得たい」という結論を導き出しました。

ぼくの思想形成に多大な影響を与えている攻殻機動隊の笑い男のセリフみたいですけどね。だからドメインがwarawareotokoだったりもします。

まとめ

会社以外で収入を得ると自分を変える自信になるという事実

さて、ブログを始めてぼくがどう変わったかを綴って本日は締めたいと思います。

ぼくは、ブログを始めてから冒頭にあげました「金銭面、精神面」での憂鬱減少傾向にあります。

それはブログで毎月そんな稼いでるのか?というとそんなことは決してありません。

弱小中の弱小ブログです。アクセスもぼくが予定していたほどありません。

でも、会社以外で1円以上でも自分の力で収入を得ているという、その事実が自分の自信になっています。

さらにいうとブログの向上のために諸々勉強するようになりました。

SEOやネット広告、コンテンツマーケティング、ライティング、さらにアプリやその他のネットニュースなどなど

そして、それらすべて自分の仕事につながってきていて、ブログを通して得た知識を仕事にフィードバックすることができています。

ネットで喋ってる人に、リアルであってみてブログの感想言われたりもするようになりました。

会社で認められなくても、他で認めてくれる人がいるということも自信につながります。

別にこれを読んだ人にブログを進めているわけではありません。

ただ、会社以外で収入を得ると自分を変える自信になるという事実を伝えたいだけです。

これはぼくが体験を通して得た情報です。

もし、目を閉じて再び開ける世界に生ぬるい絶望を感じるなら、

自分を変えるための手段として、

会社以外で収入を得る方法を考えてみてもいいのではないでしょうか。

と言ったところで本日は以上になります。

おやすみなさい。

-トラウマ
-

執筆者:

関連記事

IMS251_onbororisusan.jpg

反抗のすすめ

先日、会社の他のチームの責任者にぼくが普段思っているご意見をお話ししました。 しかしながら、日々の業務が多いことを理由にぼくのお話しに対し、全て「ん〜難しいね」との返答しかしてくれませんでした。論理立 …

-shared-img-thumb-PAK752_usuguraikaidan15040150_TP_V

嫌なら逃げていいけど逃げないことで見えてくるものもある。

会社が嫌で嫌でしょうがない。そんな時期がぼくにもありました。だいたい会社に慣れてきて2、3年くらい経つと嫌な部分が見えてきたり息切れしてきたりするものです。同期もちらほら辞め出して気がつけば自分も毎日 …

ISHIO151020314541.jpg

自己否定をしたことのない人間をぼくは信じられない。

以前付き合いのあった友人が自己否定をしたことのない人間でした。だいたいは周りのせいにしたり、脊髄反射的に生きていて、目の前に起こった事象にのみ反応する人間でした。それでいて別に頭が悪い人間ではないので …

bsN612_aretasizaiokiba

先輩の言うことは聞かなくていい

バイトを卒業するときに、来たばかりの叩き上げの店長がこんなこと言ってた。 私には実績があるんですって はぁ。そっすかぁ。と思った。

-shared-img-thumb-DSCF3200_TP_V

死ぬほど死ぬことと生きることについて考えてよかった。

最近実感している、自分には論理的思考工程が備わってて仕事場でそれを発揮できていると。 いや、周りからの評価は知らんけど実感しているだけで。